青森県八戸の新鮮魚介ブイヤベースを食べ比べ「八戸ブイヤベースフェスタ」

写真拡大

八戸ハマリレーションプロジェクトは2月15日〜3月31に、青森県八戸市内13店舗の飲食店が参加するイベント「八戸ブイヤベースフェスタ2013」を開催する。

同イベントは八戸市のホテル・レストランが、”八戸ブイヤベースルール”に沿って作るオリジナルの「八戸ブイヤベース」を完成させ、各店舗で販売するというもの。

八戸港に水揚げされる地元産の魚介を少なくとも4種類以上使用することがルール。

また、野菜(ハーブ類、にんにく、トマト等)も地元産のものをできるだけ使用するという。

八戸ブイヤベースは”二度おいしい”というのもポイント。

魚介(具材)のおいしさを十分に味わった後は、魚介のだしたっぷりのスープを生かした各店オリジナル”締めの一皿”を用意している。

それぞれの店が工夫を凝らした一皿で、二度おいしい「八戸ブイヤベース」を食べ比べできる。

参加店舗は、バール・サウージ、ビストロ ポ・デタン、八戸グランドホテル(ラウンジレストラン サヴァロッソ)、八戸パークホテル(レストラン アゼリア)、カーサ・デル・チーボ、グランドサンピア八戸、リストランテ澤内、プルトワ、八戸プラザホテル(クラブ ジュノー)。

そして、八戸第一ワシントンホテル(コーヒーラウンジ ボンジュール)、カフェ&ギャラリーうみ音、八戸シーガルビューホテル(花と月の渚)、ビストロSukegawaの全13店舗。

また、参加店にて2月15日〜3月31日に、八戸ブイヤベースを食べた人を対象に「お食事券プレゼントキャンペーン」も実施する。