ビター・スイートなコーヒーのお酒、「珈琲酒(コーヒーチュウ)」発売

写真拡大

キリンビールのグループ会社である永昌源は、コーヒー豆をお酒に漬け込んでつくった「珈琲酒(コーヒーチュウ)」を、500ミリリットルのボトルで、3月27日(水)に新発売する。

希望小売価格は800円。

アルコール分17%。

同商品は、永昌源がアンズのお酒「杏露酒(シンルチュウ)」などの製造で長年培ってきた、「浸漬(シンセキ)製法」という手法で作られたもの。

深く焙煎(ばいせん)したコーヒー豆を粉砕してからお酒に漬け込むことで、コーヒー豆の持つ味わいを抽出した。

なお、主に業務用市場での展開を予定しているとのこと。