ウェルセルフはこのたび、2012年7月3日にオープンした”知識・スキル”の販売サイト「ココナラ」のオープン後6カ月の取引実績を発表した。

2012年7月にオープンした”知識・スキル”の販売サイト「ココナラ」の6カ月間における登録ユーザー人数は4万1110人、出品されたサービス数は4638件、取引件数は1万1683件となった。

2012年7月と2013年1月を比較すると、1日あたりの新規登録ユーザー数は125人(7月)から557人(1月)へと4.5倍に、1日あたりの成立取引件数は同25件から同149件へと6.0倍になった。

ユーザー増加の主な要因はメディアでの紹介と口コミという。

メディアによる紹介内容としては、ワンコインでサービスが依頼できるというお手軽さ、個人の得意なこと(知識・スキル・経験)が販売できるというユニークさ、女性が自宅にいながらサービスを提供できたり、社会人が会社で得られない”手触り感”を求めて社外でサービスを提供したりといった、社会トレンドの変化といった要素が話題の中心となっているとしている。

2月中にはスマートフォン対応が開始され、ユーザーの利便性が上昇し、さらに新規ユーザー数・取引数の増加が見込まれるとしている。