「実家には帰るな」「共働きはやめろ」結婚を考え直す姑の言動とは

写真拡大

結婚相手を見極めるのに、実は両親の存在は欠かせないものです。

もちろん恋愛心理において、結婚相手に求める簡単なチェック項目はいくつも存在します。

「母親を見ればその子供がわかる」と言われるくらい、親の存在は子供に色濃く影響を与えています。

特に女性にとっては、相手の両親が仲良くなれるタイプか否かによって、それからの人生の幸福度が大きく異なります。

子育て、同居問題、介護……義理の両親が思いやりのある人であれば話し合いや譲り合いでクリアできる問題も、頭が固い人たちであれば最終的に夫との離婚に追い込まれてしまうケースもあるようです。

結婚相手の両親、特にお姑さんの問題点を見破るには、どのようなポイントに注目すべきなのでしょうか。

■「親兄弟の学歴チェック」「息子の自慢話で親の愛情アピール」「あまりにはっきりした物言い」には注意すべき初めて結婚相手の両親にあった時に、『学歴』や『職業』を聞かれたら要チェックです。

もちろん、あなた自身のことについて尋ねるのは不自然なことではありませんが、両親や兄弟姉妹の学歴や仕事まで根掘り葉掘り聞いてくるのは、家柄重視の姿勢の現れです。

また、ここで彼女に張り合うように「うちの息子は昔こういう子供だったの」と昔話ばかりしてきたり、先方の家族しか知らないような話ばかりをしてあなたを会話から締め出そうとしてきたり、息子自慢をしてきたりしたら要注意です。

子離れができていない可能性があります。

彼がそれに笑顔で答えたり、甘えるような態度をとっていたら気をつけるべきでしょう。

また、お姑さん自身のタイプにも気を配るべきです。

あなたが物事をはっきり言ってほしいタイプだったら別ですが、あまりズケズケ言ってくるようなお義母さんは問題がある可能性が高いです。

「物事をはっきり言う人」ではなく、「お嫁さんを下に見ている」だけかもしれません。

さらに、専業主婦を続けてきて夫から男尊女卑を刷り込まれているお姑さんは、あなたにも「嫁なんだから家事を全部やれ」「実家には帰るな」「共働きはやめろ」と干渉してくる場合もあります。

お義父さんとお義母さんの関係性を見ればわかることでしょうから、初めて会った時に男性の世話を女性に全てをやらせている、それが当たり前だという顔をしていたら気をつけましょう。

旦那さんにもその“教育”が行き届いている可能性があります。

もちろんお嫁さんの再教育で、行き過ぎた男尊女卑の考えは正すこともできるでしょうが、洗脳を解くのはなかなか難しいのが現状です。

■このお義母さんだったら、ぜひ結婚すべき!反対に、このお姑さんならばうまく付き合っていけると思われます。

・常に笑顔で、ニコニコ笑いかけてくれる。

・息子にベタベタすることなく、お嫁さんに失礼な態度をとったら息子のことを怒ってくれる。

・食事に行った時に店員さんにも態度がよく、どんな人にも感じがいい。

・自身も働きに出ており、社会的にも自立していて共働き・パートにも理解がある。

・息子のライフスタイルに口出ししてこない。

客観的に見て「姑さんが学生時代に同じクラスだったなら、友達になれるかどうか」を冷静に考えてみましょう。

嫉妬しやすい、人の言うことにいちいち口出しをしてくる、ケチ、お礼が言えない……このような義理の両親がいた場合は、彼氏との付き合い自体を見直してみてもいいかもしれません。