TVから飛び出した「デザインあ展」子供から大人までデザインマインドを刺激

写真拡大

 東京・六本木の「21_21 DESIGN SIGHT」で開かれる「デザインあ」展が2月7日、開催に先駆けて初公開された。グラフィックデザイナー佐藤卓が総合指導を務めるNHK Eテレの教育番組「デザインあ」の世界観を凝縮した企画展で、デザインをきっかけに感性や想像力を育むことを狙い子供と大人の双方に向けて「デザインマインド」を紹介。佐藤卓デザイン事務所がプロデュースする「お寿司」「本」「器」「お金」「学校」の5つのテーマでデザインを"観察"する空間や、番組の「うた」のコーナーが部屋中に広がる「モノ・オトと映像の部屋」といった映像・音楽・物・ウェブサイト・テレビ番組を繋ぐ体験・体感型の作品が揃う。会期は2013年2月8日から6月2日まで。

NHK「デザインあ展」館内公開の画像を拡大

 子どもたちの「デザイン的思考」を育てるテレビ番組「デザインあ」を展覧会という形に発展させた「デザインあ展」は、「デザインマインド」をテーマに設定。来場者が「あ」を描く企画「みんなの『あ』 」や、壁の「あ」に向かって体を動かすと「あ」も一緒に踊り始めるというインスタレーション、緑でおおわれた「あ」の広場など、会場のあちこちに出現する「あ」を通じて洞察力や想像力、身体能力といった「デザインマインド」の重要性にフォーカスを当てる。

 最も広い空間にはお寿司の構成を要素別に分解した「お寿司の解散」や、醤油差しで醤油を差す時の器と醤油の関係について観察する「しょうゆをさす」、100円分の様々な物を集めた「なんでも100円分」など、ユニークな作品が出品。「5つのテーマ」と題した同空間には、神宮前の風呂敷専門店「京都 和文化研究所 むす美」のアートディレクター山田悦子やtha ltd.代表の阿部洋介、アートティレクター/グラフィックデザイナー岡崎智弘、折形デザイン研究所といった気鋭の日本人クリエイターによる作品も多数展示される。

 今日行われたプレスプレビューでは、佐藤卓をはじめ、ミュージシャンの小山田圭吾(コーネリアス)やインターフェースデザイナーの中村勇吾(tha ltd.)ら展覧会に携わる各クリエイターが出展作品を説明。三宅一生や深澤直人とともに同館のディレクターも務める佐藤卓は、「子供にも大人にも育んで欲しい『デザインマインド』を伝える空間にしたい」とコメント。中村勇吾は「佐藤さんから展覧会の話を頂いたとき、子供達が思いっきり楽しんでいるところをイメージした。展示と遊びの中間になるような、そんな展覧会になれば」と話した。なお、同展の作品は撮影可能となっており、ハッシュタグ「#design_ah」を付けてTwitterやInstagramに投稿すると、特設サイトに写真が掲載される。

■「デザインあ展」特設サイト
 http://design-ah.net/

■21_21 DESIGN SIGHT 企画展 「デザインあ展」
 会期:2013年2月8日(金)〜6月2日(日)
 会場:21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
 住所:東京都港区赤坂 9-7-6
 休館日:火曜日(4月30日は開館)
 開館時間:11:00〜20:00(入場は19:30まで)
 入場料:一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料
 ※15名以上は各料金から200円割引
 ※障害者手帳をお持ちの方と、その付き添い1名は無料
 Tel:03-3475-2121
 展覧会ディレクター:佐藤卓、中村勇吾、小山田圭吾
 展覧会グラフィック:林 里佳子(佐藤卓デザイン事務所)
 参加作家:阿部洋介(tha ltd.)、岡崎智弘、緒方壽人(takram design engineering)、折形デザイン研究所、studio note、Perfektron、plaplax、山田悦子(むす美)、他
 http://www.2121designsight.jp/