雪遊びにせんべい汁に男祭り! 青森県青森市で「青森冬まつり」2/11まで

写真拡大

青森冬まつり実行委員会は2月2日〜11日まで、青森市中心市街地の各所で「第35回青森冬まつり」を開催している。

同イベントは昭和53年(1978)から開催し、今では市民に広く定着されている冬の恒例行事。

2013年は会場を合浦公園から、八甲田丸やワ・ラッセ西の広場など中心市街地に変更した。

開催期間も10日間に拡大して開催している。

会場には毎年人気の雪の大型すべり台や、乗馬体験など様々な催し物を用意。

「八甲田丸ゾーン」には、毎年人気の雪の大型すべり台を設置(3レーン)。

9日〜11日には鉄道模型ショーを開催し、50点以上のミニチュア鉄道模型が会場内の線路を走行する。

10日には、真冬のジュークボックス〜アートで音楽のあるまちづくり周知イベント〜を実施。

津軽三味線やアマチュアバンド演奏、小中学生の吹奏楽の演奏などを行う。

「ワラッセゾーン」では、雪上ゲーム、昔遊び、冬の青森体感コーナー、体験コーナー(雪かき、津軽三味線演奏)を開催。

七子八珍鍋・生姜味噌おでん・せんべい汁、青森ドッグなどの店は9〜11日に出店する(日によって異なる)。

また、ワラッセゾーンでは、神輿(みこし)や綱引きなど、たくましい「男」たちが雪に負けない勇姿を披露する「the男男男(もつけ)祭」を、10日の16時30分〜19時に開催。

餅つきの振る舞いや打ち上げ花火なども行う。

「駅前公園ゾーン」では青函ワールドのジオラマが展示され、雪国の風物詩のかまくらも体験できる。

「青い海公園ゾーン」では9〜11日に乗馬体験・たこ揚げ・スノーモービルそりができるほか、9日・10日には災害救助犬デモンストレーションも行う。

「パサージュゾーン」では9日・10日に、宝さがしとワックスボール作りを実施。

「街なかゾーン(中心商店街)」には、雪だるまロードと雪あかりを設置。

市内3カ所の幼稚園児が描いた似顔絵がプリントされたユキヲステッカーが、冬まつりをPRする。

同イベントの詳細は、青森市公式サイト、 青森観光コンベンション協会でも詳しく案内している。