日本株が盛り上がってきたのを機に、最近になって優待投資を始めた、あるいは始めようとしているという人もいるのでは? そこで、株主優待をもらうために欠かせない「優待の基本」を、あらためて確認しておこう。

いつまでに株を買えば優待がもらえるの?

 株主優待の記事ではよく「権利確定日」という言葉を目にする。優待をもらうには、この権利確定日に株主になっている必要がある。

 そのためには、権利確定日ではなく確定日の3営業日前までに株を購入しておくこと。たとえば、2月28日が権利確定日の銘柄であれば、25日(月)までに必要な株数を購入する。

 なお、多くの銘柄は月末が権利確定日だが、一部の銘柄では確定日が異なる。たとえば前回の記事で取り上げた中で、パレモ(2778)の権利確定日は2月20日(水)だ。この場合の最終売買日は、3営業日前の2月15日(金)なる。権利確定日と最終売買日がいつになるのか、銘柄ごとに必ずチェックすること。

何株買えば優待がもらえるの?

 株式上場企業のうち、株主優待を実施しているのは約1000銘柄。その多くが、最小の売買単位である「1単元」から優待の権利を得ることができる。つまり、1単元が100株であれば100株買えば優待がもらえるし、1000株が1単元なら1000株買う必要がある。

 ただし、これはあくまで原則。なかには1単元が100株でも株主優待は300株から、という銘柄がある。前述のパレモがまさにそうした銘柄で、1単元は100株だが優待をもらうには300株購入する必要がある。

 せっかく株を買っても、「優待品が届かない」ということのないように、権利確定日と同様に優待をもらうための必要単元数も銘柄ごとにしっかり確かめておこう。

株を2倍買ったら、優待も2倍もらえる?

 株主優待は配当とは異なり、株の保有数が増えたからといって、その分もらえるモノが増えるとは限らない。むしろ、そうならないケースの方が多い。

 詳細は銘柄によって異なるが、たとえば2月に権利確定するドトール・日レスホールディングス(3087)では100株で2500円分の自社商品がもらえるが、2倍の200株を保有していても優待内容は変わらない(500株以上になると優待内容が変わり、4500円分の自社商品がもらえる)。

 つまり、魅力的な優待があって同じものを2つほしいと思っても、通常はなかなか難しいということだ。ただし、もし家族がいるのであれば、家族にも証券口座を開いてもらい、同じ銘柄を買ってもらうという方法がある。

 証券口座を開く「家族」は、成人していないといけないように思う人もいるかもしれない。ところが、そうでもない。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)