リビングデザインセンターOZONEでは、快適な空間づくりに不可欠な「照明」を基礎から学び、空間と照明デザインのプロを目指す人々に向けた「OZONEライティングアカデミー」を開講しているが、4月からはじまる第7期ベーシックコースと、第3期スペシャリストコースを前にして、説明会を兼ねたお試しの無料セミナーを2月18日(月)、3月11日(月)、16日(土)、23日(土)の計4日間、OZONE8階セミナールームにて開催する。定員は各回30名。時間は2月18日(月)・3月11日(月)が19:00〜21:00、3月16日(土)・3月23日(土)が13:30〜15:30。

またアカデミーに通えない人を対象に、「照明デザイン1日集中講座&ライティング・フェア2013 見学ツアー」を実施する。これは3月4日(月)に、今注目の「LED照明」と、すぐに役立つ「光のイメージ図」、「配灯・配線計画」の実習、その翌日の3月5日(火)に東京ビッグサイトで開催される「ライティング・フェア2013」を見学するという「OZONEライティングアカデミー」のエッセンスを凝縮した2日間の集中講座である。参加費は2万5000円(ライティング・フェア入場料込/交通費別途)。
さらに「OZONEライティングトークイベント」として、3月18日(月)19:00〜21:00に「第3回海外照明のライトコントロールとデザイン」を実施する。海外における照明制御のトレンドやアメリカの照明プログラム制御の現状、オフィスや住宅空間の照明器具の変遷などを紹介しながら、次世代の照明デザインについて語り合う。パネリストは、米津誠太郎氏(ランピオナイオ(株)代表取締役社長)、鹿子木浩二氏(ルートロン・アスカ(株)取締役)、小野田行雄氏(イリス・アソシエーツ代表取締役)。参加費は2500円(終了後の懇親会費を含む)。