タチカワ 中国・上海のブラインド展「R+T Asia 2013」に出展

写真拡大

立川ブラインド工業(株)は、3月26日(火)〜28日(木)の3日間、中国・上海新国際博覧中心で開催されるアジア最大のシャッター・ブラインド・門扉の展示会「R+T Asia 2013」に出展する。
ブース内では、ロールスクリーンやローマンシェード、プリーツスクリーン、タテ型ブラインドなど幅広い製品ラインアップを多数展示する。また海外で関心の高いワンチェーン操作やダブルタイプなどを中心に紹介し品質や機能性を訴求するほか、窓回り総合メーカーとしてのブランドイメージをアピールする。

なお「R+T Asia 2013」は、ドイツ・シュツットガルトで3年に1 度開催される業界最大級のシャッター・ブラインド・門扉の国際見本市「R+T」のアジア版として2005年より上海で開催し今年で9回目を迎える展示会。アジアを中心に約300社の企業が出展し、世界各国からの注目度も高まっている。