桜の開花・見ごろ予想を発表、平年よりやや遅めか -ライフビジネスウェザー

写真拡大

民間の気象会社ライフビジネスウェザーは6日、”東北の復興、日本の元気を応援する”「さくらで元気プロジェクト2013」を開始、2013年1回目の「さくら開花・見頃予想」を発表した。

「第1回 さくら開花・見頃予想」として、東北から九州にかけてのさくらの開花は、遅咲きだった昨年に比べると4日前後早いものの、平年と比べると並からやや遅めの所が多い。

この先は、東日本や西日本を中心に暖かな日が増えてくるものの、3月はたびたび寒の戻りがあり、春の訪れは平年よりも遅めという。

全国のトップを切って開花するのは宮崎で3月20日と平年より4日早い予想だが、東京は3月27日と1日遅い予想。

さくら前線が東北入りするのは、福島県いわき市で開花する4月8日頃になりそうだとのこと。

見頃は、関東から九州で入学式の頃に重なる所が多く、東北南部の見頃は4月下旬、東北北部は4月末から5月上旬と、ゴールデンウィークにお花見が楽しめそう。

また、この冬は全国的に厳しい寒さが続いたため、休眠打破はしっかり行われている所が多いようだという。

暖かくなれば、いっせいに咲きそろい、鮮やかなさくらが見られるだろう、としている。

開花の時期に気温が上がれば一気に花が開き、予想より早まる可能性もあるため、お花見の計画は最新の開花・見頃予想をチェックして、とのこと。

また2月6日より、さくら情報・お天気画像を用いて「東北復興の祈りと元気」を届ける「さくらで元気パートナー」へ向けて、さくら開花・見頃予想の画像・データの無料配信も開始。

今年は、さくら情報に加え「お天気画像」の配信も行っている。

同社では引き続き、「さくらで元気パートナー」を募集中。