家計の無駄を賢く見直す方法とは?

写真拡大

例えば、毎朝の通勤に缶コーヒーを買う人がいる。年間勤務日数が250日とすると、年間なんと3万円。たった120円という、月のお小遣いの数%でも、年単位で考えるとなかなかの金額になるもの。これが数年、数十年となると・・・・・・ということをまずは頭に入れておいて欲しい。

さて、生命保険文化センターが実施した「生活保障に関する調査」によると、年間払込保険料(個人年金保険の保険料を含む)は男性で平均25.4万円、女性で平均18.5万円となっているとのこと。金額の分布をみると、男性は「12〜24万円未満」、女性は「12万円未満」が1番多くなっている。また、同じく生命保険文化センターが実施した「生命保険に関する全国実態調査」(世帯調査)によると1世帯あたりの年間払込保険料(個人年金保険の保険料を含む)は平均45.4万円。金額の分布では、「12〜24万円未満」が16.2%と1番多くなっていて、次いで「24〜36万円未満」15.4%、「12万円未満」13.9%の順になっている。(参照:http://www.jili.or.jp/ 平成22年【集計ベース:生命保険・個人年金保険加入者】)

生命保険料は一生涯で計算すると、2000万円以上にもなる大きな買い物。1カ月の負担は少なくても、支払いが長期に渡れば大きな金額となる。保険も、冒頭で述べた缶コーヒーも同じこと。昔入った保険に何となく保険料を毎月払い続けている、という人も少なくないのでは? 必要な保障は個人やそれぞれのライフステージによっても変わるもの。無駄な保険料を払って損していないだろうか。

とはいえ、収入はすぐさま増えるものでもない。成長していく子供の養育費や、歳を重ねるにつれてリスクが高くなる健康。さらにはなぜか本決まりとなってしまった、各種増税。脅かす訳ではないがいやはや、一家の財政も、年々嵩んでいくのである。となれば保険の見直しは早急に必要で、とても大切なことなのである。

そこで昨今、保険の見直しを考える人たちの間で急速に広まっているのが、無料で保険内容について相談できる保険相談サービス。なかでも「保険のコンシェルジュ」と呼ばれる保険専門のファイナンシャルプランナーが無料でそれぞれの人のライフプランに応じてぴったりな保険を選んでくれる、「保険ゲート」が話題だ。

「保険ゲート」のファイナンシャルプランナーは、特定の保険会社には所属しない、至極中立な存在。そのため複数社の商品からその人に一番ぴったりな保険を提案してくれるのだ。しかも保険ゲートが勧める保険は、加入してから60歳までの保障額がずっと一定という「四角型の保険」ではなく、「三角型の保険」。子どもが生まれた直後、幼稚園から大学まででの一番お金が必要な時は保障額も大きく、それ以降は徐々に保障額が下がっていくという保険で、保険料を上げずに適切な保障が受けられる無駄のなさが人気を博している。

どこかの国の財政のように入り用だけを計算するのではなく、我が家の財政のムダを「保険ゲート」で徹底的に洗う。これこそが今、豊かで理想的な家庭像を叶えるための最短ルートといえるだろう。
[PR企画]

■関連リンク
・保険のコンシェルジュ「保険ゲート」