地方あるある・大阪編



日本各地には、その土地ならではの「あるあるネタ」が数多く存在します。今回は、いくつもの独自の文化を持つ、西の大都市・大阪の「あるあるネタ」を、大阪に住んでいる方、または大阪に住んでいた経験のある方に教えてもらいました。



●トンカツはKYK

大阪の人間に「トンカツといえば?」と聞くと大概の人は「KYK」と返します。これはKYKというトンカツ屋さんのCMのインパクトが強いせいで、KYKのトンカツを食べたことがない人でもなぜか「KYK」と答えてしまいます。(31歳/男性)



こういったその土地ならではのCMの影響って面白いですよね。

●駐車場はモータープール

若い子はそうでもないのですが、ある程度年齢のいっている大阪の人は月極駐車場などの民間駐車場のことをなぜかモータープールと呼びます。看板にも「モータープール」と書かれていたりするのでほかの地方から来た人は「どういうこと?」となってしまいます。(39歳/男性)



「株式会社○○モータープール」といった形で会社名に付けられていることも多いみたいです。



●東京のエスカレーターで戸惑う

大阪人あるあるですが、大阪はエスカレーターの空けておく側が左側で東京とは逆です。なので旅行や仕事で東京に行くと、分かってはいてもものすごく違和感があって戸惑います(笑)。(25歳/女性)



これは関西人みんなが戸惑うことです。



●551があるときとないとき

豚まんで有名な551蓬莱のCMで、ある一家が551があるときは天国のような喜び方をし、551がないときは絶望の境地のような落ち込み方をするものがありました。それくらい551は大阪の人間にとってうれしいもの、ということです。(30歳/女性)



551の豚まんもアイスキャンデーもあるとうれしいですよね(笑)。



●鶴橋駅はおなかがすく

JR大阪環状線に乗っている際、鶴橋駅で電車のドアが開くと、ホームに焼き肉の良いにおいが漂っていてついおなかがすいてしまいます。鶴橋駅は焼き肉店が非常に多いため、駅のホームまで肉の焼けるいいにおいがするんです。一つ隣の桃谷駅も焼き肉店が多いので、コンボでやられます。(28歳/男性)



2駅連続でにおいをかがされるのはキツイですね。空腹時ならなおさら(笑)



●ユニバがあるからええもん!

東京へのライバル心のせいか「ディズニーランドよりユニバーサルスタジオの方が面白い!」とヘンに固執する人が多い気がします。(25歳/女性)



東京をライバル視する人が多いようです。



●画びょうは押しピン

なぜだか分からないけど大阪人は画びょうのことを押しピンって言う人が多い。大阪に転勤してきて、最初何のことか分からなくて聞き返してしまったことがありました。(27歳/男性)



西日本は「押しピン」と言う所が多いそうですね。



●歩く歩道

大阪の人間は動く歩道のことを「歩く歩道」と言います。設備自体は動いているけど歩いて利用するから……なのかな?(27歳/男性)



筆者は関西人なので当然「歩く歩道」だと思っていました……。



●知らないけど知っている

大阪の人間のノリの一つで、ま〜ったく知らないことでもさも知っているかのように話し、最後に「よう知らんけど」と付ける。知らんのなら言うな(笑)。(30歳/男性)



あるある(笑)。





京都出身の筆者でも、「確かに大阪はそうだなぁ……」と思ってしまうあるあるばかりでした(笑)。大阪の人ならさらに共感できたのではないでしょうか?



(貫井康徳@dcp)