【女性編】取引先からヘッドハンティングのお誘いが来たらどうする? ランキング


キャリアアップのチャンス到来!





日々の仕事を頑張っていたら、ある日突然、取引先からのヘッドハンティングのお誘いが来た。夢のような話だけど、急な話に戸惑ったり迷ったりしてしまうかも……。皆さんは、もしそんな話が舞い込んできたらどう対処しますか? マイナビニュース会員の女性549名に聞いてみました。





Q.取引先からヘッドハンティングのお誘いが来たらどうしますか?(複数回答)

1位 会社のことをよく調べてから決める 57.4%

2位 とにかく考える時間が欲しい 32.1%

3位 家族や友達に相談する 27.9%

4位 給料がよければ話を受ける 18.4%

5位 今の仕事を辞めないまま話を進める 12.6%







■会社のことをよく調べてから決める

・「変な会社かもしれないので、調べつくします」(29歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「働く環境がいいのであれば、積極的に話を受ける。会社の雰囲気と給料の兼ね合い」(25歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「ブラック企業だったら嫌なので、しっかり調べてから行きたい」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■とにかく考える時間が欲しい

・「魅力的だが、とにかく考えたい」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「本当に今の仕事よりメリットがあるのか気になるので、しっかり下調べしてから慎重に決めたい」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「よくわからない会社に行くのは不安だから」(26歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)





■家族や友達に相談する

・「重要なことは一人では決められないから」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「自分の身内なら、客観的に判断してくれそうなので」(26歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「動揺していると思うので、とりあえず誰かに相談する」(22歳/マスコミ・広告/販売職・サービス系)





■給料がよければ話を受ける

・「環境が変化するストレスの対価がもらえれば、迷わず行く」(26歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「取引先ならば、同じような仕事内容だから、話を受けるとしたら給料面」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「今の給料があんまりよくないので、そこは結構重視します」(25歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)





■今の仕事を辞めないまま話を進める

・「不況なので、条件などを聞いて、会社は辞めないで内定をもらってから退職手続きをする」(23歳/生保・損保/事務系専門職)

・「今いる会社と比べて、取引先の方がよければ考える」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「本当に自分に合うか、やりたいことができるか、ちゃんと考えてから」(26歳/運輸・倉庫/営業職)





■番外編:誘われることはありません

・「今の自分にはあり得ないので、まったく想像がつきません」(23歳/生保・損保/営業職)

・「そのような誘いを受けることはないので、わからない」(24歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

・「取引先がないので」(28歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)





総評

1位は「会社のことをよく調べてから決める」でした。やはり、今から行くことになるかもしれない会社の情報は欲しいところですよね。





2位「とにかく考える時間が欲しい」、3位「家族や友達に相談する」のように、じっくり考えたり相談してから決めるという人が大多数でした。「誘われてホイホイいくのも、ちょっと……」という意見にもうなずけます。





また、4位「給料がよければ話を受ける」のように、給料重視の女子も多かったようです。取引先なら、仕事内容がある程度想像できて安心なのかもしれませんね。





いろいろと悩むかもしれないけれど、最後に決めるのは自分。決断によってこれからの毎日が決まるのですから、ここは慎重に決めたいところです。よ〜く考えて決めたのなら、あとは、しっかり前へ進みましょう。

(文・OFFICE-SANGA 渡邉久美子)





調査時期:2012年12月1日〜2012年12月7日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性549名

調査方法:インターネットログイン式アンケート