仙台市役所(2013年1月撮影)。

写真拡大

■少年の自画像

宮城野高校普通科2年生の菊地桃佳さん。取材から4カ月後にメールを送ると、「将来何屋になりたいか」への答えに変化があった。

「小学校の先生。理由はまたしても土ゼミです(笑)。小・中・高・大の先生方がそれぞれきてくれていろいろ話してくれました。そこで小学校での英語教育のレベルの話になって。言語習得能力って10〜11歳ぐらいを境に、体験的習得能力から理解的習得能力に変わり始めるらしいから、いろいろ(批判的な)意見もありますが、小学校での英語教育を変えたいと思ってます。個人的には小学校での英語は大事だと思うので。あとなんと言っても小学生はかわいい(笑)。純粋だし」

「小学生はかわいい」と言った菊地さんは、小さな子どもをよく見ている。9月の取材時に「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」での体験を聞いた。そのとき、菊地さんが話してくれたのは、2泊3日のホームステイで世話になった家の小さな子どもの話だった。

「お母さんは日本人の方で、お父さんが、アフリカンアメリカンのハーフの人だったんですよ。ちょっと見せたいものがあるんですけど、いいですか?」

菊地さんは iPad を取り出す。画面に子どもが描いたとわかる絵が現れた。

「4歳半の子が描いた絵なんですけど、すごいこれが興味深くて」

少年の自画像は、顔が縦に黄色と黒で塗り分けられていた。

「なんていうんだろう。こういうのを、なんていうんだろう——今後この子はどういうふうに育つんだろうか、と、そういうのにすごい興味があって。この子は幼稚園に通い始めたばかりなんですけど。お父さんがこれを見て『自分はそんなに気にしてなかったけど、息子がそういう絵を描くと、やっぱり自分もアフリカンアメリカンだっていうことを思い出す』って言ってて。本人がそう思っていない人種問題というのもあるのかな、とか。そういう考えも、自分の進路、仕事の中にも入れていきたいたいなあと思ったんです」

菊地さんのことばの中には、自分が感じたことを言語化できないもどかしさがある。だが、今はまだ焦って言語化する必要はないのだろう。自分の顔を黄色と黒に塗り分ける少年に出合うという体験——「TOMODACHI〜」に参加していなければ手に入らなかったであろう体験をしたことが、今はまず重要なのだ。それは何大学のどの学部に進むかという「戦術」以上に、菊地さんの将来にとって大きな意味を持つように思える。

「うちの学校だけかもしれないんですけれど、先生と面談をすると『将来何になりたいか?』より『どこの大学に入りたいか?』から入るから、自分の夢で大学を選ぶんじゃなくて、学力で大学を選んでるかんじがします。なんていうんだろう、『土ゼミとかをやっているので、夢は自分たちで見つけてくれ』っていう感じなんです。うちの学校はほんとうに全部が自主性だから、そういうかんじなのかな」

もうちょっと詳しく訊きましょう。宮城野高の生徒たちは、進路を決めるときに、肝心なところで放り出されていると感じるときはありますか。

「いや、そういうのはないですけど、宮城野って生徒の個性が強い学校で、周りを気にしないっていうか、自分の中に入り込んでる人が多くて。『自分はこれをするためにここに入った』っていうのが決まってる人は折れないんです。勉強したいって思ってる人はいい大学に行くし、芸能とかスポーツとか、何かを見つけたいっていう人は、それを見つけて出て行くし。ただ、なんとなく入ってしまった人は、3年間ダラダラ過ごすんじゃないかな」

菊地さんの親御さんは何屋さんですか。

「ふつうにサラリーマンです。何の会社だろう? コンピューターのなんかソフト作ってる会社で人事をやってます。母は仙台のGAPでパートで働いています」

親御さんから「そんな夢を見るな」みたいなことを言われたことはありませんか。

「大学選択では言われたことないけれど、留学となるとちょっと話は違うみたいで、『4年間行くのはちょっと難しい』『1年間交換留学とかならまだわかるけど、行ってそのあとどうするの?』みたいなかんじに言われたこと、あります。『家に帰って来なくてもいいけど、できれば日本からはいなくなってはほしくはない』みたいな。お父さんがそんなかんじです。でもお母さんは『もう、ご自由にどうぞ』みたいな(笑)」

菊地さんに親御さんの話を訊いたのは、たとえ学校の自由度が高くても、親がよしとする「自由度」は、また別のものではないかと思ったからだ。菊地さんの答えの中からは、娘を持つ男親の多くが持つであろう本音と、同性として背中を押すお母さんの思いがほの見える。次に登場するのは、親の背中の押し具合が世界レベルという高校生だ。

■大学はバックアップ

鈴木丈治(すずき・じょうじ)さんは、仙台のナンバースクール筆頭の宮城県立仙台第一高等学校の2年生。「最近は二高のほうが(進学実績は)いいみたいですけど」と言っていたが、他校から見れば一高と二高の「競争」は、僅差の拮抗となる。さて、鈴木さんは将来何屋さんになりたいですか。

「自分で何かを始めたいっていうのがあって。ただ、アメリカから帰ってから、ITとかコンピューターとか、そっち系にかなり興味が湧いてきて、たとえば、どこかの大きな会社に働くのもいいなって最近思い始めたんですよ。たとえばグーグルとか。そういう大きい会社で働くとなると——特にグーグルやアップルだと、学歴が重視されて、大学卒業は当然で、さらにマスターズ(修士)を持っていることが求められるんで、まず、その学歴を、今のまま順調に行くように頑張りたいです」

ビジネスを始めたいと思うようになったきっかけは。

「ボケーッとしてると、アイディアとか思い浮かぶんですよ。このあいだ思い浮かんだのが、イベントに集客するビジネス。イベント情報を1つのサイトに集めて、そのサイトに人が自分の興味・関心事項に印を付けて登録することによって、ネットの管理者側が登録者の興味・関心に合わせてメールを送信する。そういうシステムがあったらいいのになあとか思ったり。きっかけって、自分ではよくわからないんですけれど、たぶん、夕食のときとかに親といろいろ話していることもあるのかな。小さいころから海外に連れて行ってくれたりとか、親がいろいろ経験させてくれたことも大きな影響があったと思う」

親御さんは何屋さんですか。

「宮城学院女子大の英語の教授です。イギリスで中学校を出て、働き始めれば社会に通用すると思って、高校行かずに就職したらしいんですけど、結局、駄目だっていうことに気付いて大学に入って。それからJETプログラムの一環でALTとしてこっちに来て、仙台とか松島の高校で教えているときに、母と知り合ったそうです」

JETプログラムとは、全国の自治体で1987(昭和62)年から行われている「語学指導等を行う外国青年招致事業」(The Japan Exchange and Teaching Programme)の略称。このプログラムで日本にやって来る外国青年の9割近くがALT(外国語指導助手:Assistant Language Teacher)として学校(もしくは教育委員会)に配属され、日本人教師の助手として外国語を教える。鈴木さんのお父さんは、これに参加してイングランドからやってきた。

お母さんは何屋さんですか。

「松島でガス屋をやっているおばあちゃんのところで、会計の仕事をしています」

鈴木さん自身はイギリスの経験は。

「イギリスで生まれて、ちょっとしたら日本に来て、幼稚園は日本。小学校では英語の経験とかを積むためにということでイギリスに戻って。またこっちに戻ってってかんじです」

鈴木さん、実業家になるには何が必要ですか。資格は要らないですよね。

「要らないですね。あとは、ITだと、どこをベースにするかにもよるけれど、いちおう英語は普通にできるようにしておくってことと、あとパソコンの使い方は、自分ではまだ学ばないといけないなと思って」

今の話の中に「大学に行く」がありませんでしたね。

「行きます。バックアップ的なかんじで。(実業家になることに)失敗することもあると思うんですけど、そうなったとき、特に日本は『最低でも四年制大学は卒業してないと、この仕事に応募できません』とかうるさいるから、まあまあいいところの大学は出ておいて」

鈴木さんが考えるところの「まあまあいいところの大学」はどこですか。

「日本だと国際基督教大学(ICU)か慶應義塾大学。ICUは英語の配点でかいんで、それで楽に入れるかなと。いちおう、英語は準1級取ってます」

英検(実用英語技能検定)準1級は、7段階ある英検の上から2番目。2012(平成24)年度の合格率は14.9%。鈴木さんは9月の取材時には、進学先としてLSE(The London School of Economics and Political Science)の名も挙げていた。投資家のジョージ・ソロス、合州国第35代大統領J・F・ケネディ、そしてミック・ジャガーの母校だ。但し、4カ月後の追加質問への返信には「日本の大学から編入することもできるらしいので、まずは日本の大学に行くことにしました」と書かれていた。

イングランド出身のお父さんを持ち、かの地で暮らしたこともある鈴木さんの経験は、仙台や東北、日本というものを相対化して見ることができるだろう。ぜひ鈴木さんにこれを訊きたい。こちらは、ここまでの取材で「できれば東北にいたい」「いつかは戻ってきたい」という高校生の声を複数回聞きました。そういう意識は鈴木さんにはありますか。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)