オリックス銀行、初のテレビCMに「イチロー選手」を起用--2月8日から放映

写真拡大

オリックス銀行は6日、オリックスグループが2011年から広告出演契約を締結している「イチロー選手」を起用した初めてのテレビCMを8日より関東地区・関西地区にて放映すると発表した。

イチロー選手は、1992年から2000年までオリックス・ブルーウェーブ(現オリックス・バファローズ)に在籍し、7年連続首位打者など数々の記録を樹立するとともに、1995年のパ・リーグ優勝、1996年の日本一に大きく貢献した。

2000年のオフにはメジャーリーグへ移籍し、その後の活躍は誰もが知るところ。

オリックスグループは、「ほかにはないアンサーを。

」というブランドスローガンを掲げ、顧客の要望に応えるために、新しい”こたえ”を生み出すチャレンジを続けていくとしている。

CMでは、常にチャレンジを続け進化するイチロー選手の姿を通じて、オリックス銀行の目指す姿を表現しているという。

オリックス銀行はこのテレビCMを通じて、より多くの顧客に「オリックス銀行」を認知してもらうとともに、魅力的な金融商品・サービスを提供することで、顧客に「お選びいただける銀行」「ご利用いただける銀行」を目指していくとしている。