2013年花粉シーズン、東京・埼玉・栃木・群馬で昨年より約1週間早く突入!

写真拡大

ウェザーニューズは2月4日、東京都と埼玉県、栃木県、群馬県の4都県が”花粉シーズン”に突入したことを発表した。

同社は全国1,000カ所に、花粉観測量に応じて目の色が変化する独自の花粉観測機「ポールンロボ」を設置し、花粉の観測を行っている。

2月1日に東京都内4割以上の観測点で、3日は東京都内約8割の観測地点で、花粉に敏感な人が症状が出始める花粉飛散量(10個)を越えるレベルに達した。

また、埼玉県、栃木県、群馬県でも10個以上の飛散が2月1日〜3日の間に確認できた。

同社によると、今年は昨年と比べて一週間程早く花粉シーズンに突入したという。

今後は、スギ花粉は徐々に増加し、飛散のピークは関東地方で3月上旬。

その後、ヒノキ花粉が飛散し始め、5月はじめ頃まで花粉の飛散が続く見込み。

飛散情報と各地の本格シーズン突入についての情報は、「ウェザーニュースタッチ」または携帯サイトにて随時発表していく予定とのこと。