子供が憧れる車ってどんな車?プリウスPHV向けのエコ運転の履歴確認などが可能なアプリ「eConnect」などを展開するTOYOTAは、PR活動の一環として子ども向けに「夢のクルマアートコンテスト」を開催しています。1月20日に、コンテストに向け、2012年(第6回)の同コンテストの審査員を務めたアートディレクターの森本千絵氏とNASAの研究員でもある佐治晴夫博士、音楽家の高木正勝氏、そして南井孝夫氏によるスペシャルトークセッションが行われました。

会場は、アートに関心のある人なら一度は名前を聞いたことがある「オンサンデーズ」(ワタリウム美術館ミュージアムショップ)。現在開催中の森本千絵氏の初の個展「en°木の実」展の協賛イベントとして「TOYOTA×goen°special Talk 佐治 晴夫×高木正勝×森本千絵×南井孝夫(TMSM)supported by J-WAVE」と銘打ったイベントです。

当日はトークセッションの他、子どもに「夢・未来」を描いてもらい、それに対してトークを行ったり、森本千絵氏と高木正勝氏が制作した「夢のクルマアートコンテスト」の映像の上映や、プリウスプラグインハイブリッドから給電した電子ピアノで、高木正勝による子守唄の弾き語りなども含む即興ライブなど、「車」「子ども」「夢」「環境」など様々なテーマで五感に訴えるイベントとなりました。

●未来への手紙 Wiran Honthumma,タイ (ロングVer)
http://www.youtube.com/watch?v=IcIiKlPFUSs

●未来への手紙 Naylee Nimesh Nagda,ケニア (ロングVer)
http://www.youtube.com/watch?v=8L-JgSh7fr4

トークセッションの中で4氏が語った「夢のクルマアートコンテスト」の「コンセプト・メッセージ」には、「子ども達にいかにして夢を持ち、語ってもらい、その夢を原動力 とし、実現を目指してもらうか」、TOYOTAの姿勢がはっきりと現れています。

TOYOTAは、モノ作りの会社として夢の大切さを実感しています。 夢がなければ、モノを未来を情熱を持って作りだすことはできないと考えています。夢は人間にとって最大のエネルギーであり、大切なものである。


夢のクルマアートコンテストとは?夢のクルマアートコンテストは、15歳までの子どもを対象とした車に関するアートコンテスト。2013年で第7回を迎えます。

270から300mmかける420から450mm(縦横自由でA3サイズもしくはタブロイドサイズに対応)の用紙に手書きでカラフルな「あなたが思い描く夢のクルマ」が描かれます。

各国・各地域で行われるローカルコンテストの優秀作品を3作品選出し、各国・各地域の代表3作品が「ワールドコンテスト」に参加し金・銀・銅・入賞の各賞が決まるというもの。ワールドコンテスト入賞者には表彰式トリップ(旅行)として、2013年8月26日から30日の5日間、東京都内で宿泊プログラムが予定されています。

▼外部リンク


当日のイベントの様子(USTREAMアーカイブ閲覧可能)
http://www.ustream.tv/recorded/28657825

夢のクルマアートコンテスト 特設サイト
http://www.toyota.co.jp/jpn/events/dreamcar/letters

2012年(第6回)トヨタ 夢のクルマアートコンテスト表彰式の模様
http://www.toyota.co.jp/jpn/events/dreamcar/#ceremony

2013年(第7回)トヨタ 夢のクルマアートコンテスト
http://www.toyota.co.jp/jpn/events/dreamcar/