1949年発売の「ブラパット」

写真拡大

2月12日が「ブラジャーの日」であることはご存知だろうか。1914年にアメリカ人女性のメアリー・フェルブス・ジェイコブさんが、現在流通しているブラジャーの原型となるものを考案して特許を取得した日だ。これにちなんで下着メーカーのワコールが制定した。

同社は、ブラジャーが2014年に「生誕100周年」を迎えるにあたって、今後のブラジャーについてのアイデアを募るキャンペーン「さぁ、これからのブラを考えよう。」を13年2月12日から始める。

一部はイラスト化されサイトに掲載

日本のブラジャーの歴史は、昭和初期に「乳房バンド」が発売されたのが始まり。当時は着物が主流だったため、普及しなかったそうだ。戦後はファッションが急速に欧米化し、1949年にはワコールの前身である和江商事が、バストの形を良く見せる「ブラパット」を発売。同社は1950年にはアメリカ人用のブラジャーを日本人向けにサイズを変えて生産を始め、その後ワコールへと商号を変更した。

1964年ごろには、伸縮する繊維を用いたブラジャーを開発し、日本人女性の体型研究もスタートさせた。1990年代からは身体をより魅力的に見せたいという女性の願望が高まり、「寄せて上げる」ブラジャーなどがヒット。そして、2010年にはサイズだけでなくバストの形や柔らかさを考慮した商品を発売した。

同社のキャンペーンは、未来に実現して欲しいブラジャーのアイデアを募集するもの。「ブラの名前」と「キャッチコピー」などを記入してキャンペーンサイトから参加でき、例えば「空飛ブラ(そらとぶら)、軽くて空も飛べる」などと書いて応募する。応募アイデアの一部はイラスト化されサイト内で紹介されるほか、応募者の中から抽選で30人にワコール商品券1万円分がプレゼントされる。応募期限は4月30日まで。