Skypeを使ったビジネス英会話「Linguage Speak」の提供を開始 - リンゲージ

写真拡大

リンゲージは4月1日、Skypeを使ったビジネス英語コース「Linguage Speak(リンゲージ・スピーク)」のサービス提供を開始する。

同サービスは、業界初となるビジネスパーソン向けに特化したSkype英会話コース。

安価で利用できるSkypeを使用し、「ビジネス英語を学ぶ」「ビジネス場面で使える英語」の習得を目的とする。

フィリピン在住の講師はすべて同社の指導メソッドの講習を受け、その指導スキルを認定された講師となっている。

また、「受講者は自己学習で知識をインプットしてから会話レッスンに臨む」「カリキュラムに沿ったレッスン」「自社開発ビジネス英語テキストの使用」など同社の語学研修のノウハウを生かし、クラスレッスンの受講と同程度の学習効果が見込める、としている。

ビジネス会話コースのほかに、「TOEICから学ぶスピーキングコース」や通常のSkypeと同様に会話を楽しむ「CONVERSATION」も用意されている。

価格は、「スタンダードプラン(25分/回×36回)」が3万6,750円。

「インテンシブプラン(25分/回×60回)」が5万2,500円。

「CONVERSATION(25分/回×30回/月)」は月8,400円。