茨城県の特産品が大集合! JR上野駅の地産品ショップで「茨城フェア」開催

写真拡大

茨城県は2月8日〜3月5日まで、常陽銀行とJR東日本グループが運営する地産品ショップ「のもの」(JR上野駅ガレリア内)で、「茨城フェア」を開催する。

「茨城フェア」は今回で2回目の開催となる。

前回の結果や2012年11月に銀座にオープンした「茨城マルシェ」での販売実績を元に、茨城の「旬のもの、地のもの、縁のもの」をテーマに、納豆、地酒など茨城県の特産物約200アイテムを厳選して販売。

特に女性の間で健康食品として静かなブームとなっている「干しいも」も、約30種類と豊富に取りそろえた。

カフェコーナー「IBARAKI umecafe(いばらき うめカフェ)」の店内は、水戸の梅まつりをイメージ。

梅ソフトクリームや梅酒といった関連メニューを販売する。

さらにオープニングの2月8日には、偕楽園の梅枝と大洗町・吉田屋のスイート梅を、来店者にプレゼントする(2月15日以降の毎週金曜日の夕方にも同様の企画を予定)。

また、茨城県産品の100円試食販売などを行う「プロモーションコーナー」や、新鮮なとれたての県産野菜を販売する「マルシェコーナー」もある。

「茨城フェア」は、JR上野駅中央改札外グランドコンコース(ガレリア内)の「のもの」で、2月8日〜3月5日まで開催。

営業時間は、平日11時〜22時(カフェは7時〜22時)、土日祝日は、10時〜21時(カフェ7時〜21時)。