3/9から東京都の府中市美術館で「かわいい」がテーマの江戸絵画展

写真拡大

府中市美術館(東京都府中市)は3月9日〜5月6日まで、企画展「かわいい江戸絵画」を開催する。

江戸時代の絵画には、動物や子どもなど、かわいい主人公が大勢登場している。

同企画展は「かわいい」をキーワードに、これまで見落とされてきた江戸絵画の魅力に迫る展覧会。

子犬を描いた円山応挙の「狗児図(後期)」や、仙がい義梵の「大黒天図(後期)」などを展示。

会期中は前期(3月9日〜4月7日)と後期(4月9日〜5月6日)に分け、全作品の展示替えを行う。

毎週日曜日には、14時と15時の2回「20分スライドレクチャー」を無料で開催する。

また、展覧会講座として4月29日には、同館学芸員の音ゆみ子さんによる「子犬をかわいらしく描くこと」、5月4日には同館学芸員の金子信久さんによる「かわいい江戸絵画−その論理と歴史」を開催する。

14時からで参加は無料。

会期中は随時、展覧会を見ながら「探検隊ワークシート」のクイズに挑戦する子ども向けのイベント「かわいい探検隊!」を開催する。

また4月5日〜7日には、テラスでお茶やワークショップを楽しめる「さくらオープンテラス」を実施する。

休館日は月曜日(4月29日、5月6日を除く)、3月21日、4月30日。

開館時間は10時から17時(入場は16時30分まで)。

観覧料は、一般700円、高校生・大学生350円、小学生・中学生150円。