節電協力も料金上昇のジレンマ

ざっくり言うと

  • 関電と九電は電力需要が抑制された場合の電気料金の影響について試算を示した
  • 関電の試算によると、家庭向け電気料金は平均で1kWh当たり22・9円
  • 昼間の電力需要が1%抑制された場合、1kWh当たり23・0円になるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング