もらってうれしかった新婚旅行おみやげベスト5

写真拡大

おみやげをもらうときは思わずうれしくなってしまうものですが、内容を見てがっかりしてしまうこともしばしば。

旅行に行く人が毎度同じようなものを買ってくると、もらう側としてはさらにテンションが下がってしまうことも。

そんな中、もらって喜ばれる、もらってうれしいおみやげというのも存在します。

今回はそんな「おみやげの鉄板」ともいえる、ハズさない新婚旅行みやげをご紹介します。

■第5位果物果物はほとんどの人が食べられるため、食品の中でも人気が高いといえます。

産地に旅行に行くのなら、現地から質の良いものを直接おくることもできます。

老若男女に受け入れられるアイテムといえるでしょう。

ただし海外旅行の場合は、現地の生ものは国外に持ち込めないものもありますので注意しましょう。

ドライフルーツや缶詰などの加工品であれば問題ありません。

■第4位日常的に使える実用品高価すぎず、主張しすぎないアイテムがふさわしいといえます。

工芸品をかねた小物入れなどもいいでしょう。

見極めのポイントですが、自分が日常的に使っていても、渡す相手はそうではないことがあります。

誰もが使っているであろう物を選ぶのがいいでしょう。

■第3位お酒、タバコ男性に人気の定番みやげといえます。

これらが好きな人ならば、迷わず選ぶと良いでしょう。

ただし、お酒といっても種類は豊富です。

焼酎や日本酒は好きだけれど、それ以外は飲めないという場合には、海外旅行のおみやげとしてお酒を持って帰ってくるのはやめたほうが良いでしょう。

タバコは、日本でもよく見る銘柄が、現地ではちょっと違うパッケージで売られていたりします。

中には味が違ってあまりおいしくない…ということもあるようですが、安価で手に入りやすいですから、話のネタのひとつとして買ってみるのも良いでしょう。

■第2位基礎化粧品女性に人気のおみやげアイテムです。

日本では高価で手に入りづらい化粧品も、海外では安く買えることがあります。

気をつけたいのは、メイク用品(口紅や香水)ではなく、基礎化粧品(化粧水やハンドクリーム)を優先することです。

口紅や香水は好みも分かれ、使わない人も多くいますが、化粧水やハンドクリームは女性だけでなく、男性も使えるものです。

ただし、効果は良くてもニオイが独特というケースも多いですから、事前に確認できるのであれば、かおりの強くないものを選ぶようにしましょう。

■第1位現地でしか手に入らない調味料や香辛料料理好きな男女に喜ばれるアイテムです。

香辛料などは国内でも売られていますが、日本人向けに作られていることが多く、本場の味を再現しにくくなっています。

本格的な料理を楽しみたい方には、現地でしか手に入らない調味料などは人気が高いといえます。

料理をしない人であっても、「おいしそうな塩」なら天ぷらもおいしく食べられます。

これならば新婚旅行先でも見かけるアイテムといえるでしょう。

ただ当然のことながら、使いどころが難しい調味料などはもらっても困ります。

使いきれる、食べきれるサイズを重視し、量より質で選んでみると良いでしょう。

いかがでしたか?おみやげはモノより気持ちが大事です。

現地で長時間悩んで選ぶよりも、直感で喜んでくれそうなものを探してみると良いでしょう。