優秀作品発表! 第8回「WIRED+TUMBLR VISUAL CONTEST」

写真拡大


「WIRED+TUMBLR VISUAL CONTEST」アーカイヴ>>>



12月10日から1カ月間開催した第8回「WIRED+TUMBLR VISUAL CONTEST」。今回は「冬休み」というテーマで募集しました。



厳正なる選考の結果、グランプリは該当作なしとなりましたので、準グランプリとユーザー賞の合計2作品を表彰します。ユーザー賞は最も多くのリブログと「スキ!」が集まった投稿を表彰します。準グランプリの選出はWIRED編集部と本誌のアートディレクターである藤田裕美とで行いました。



次のページから優秀作品の発表です。



「優秀作品発表! 第8回「WIRED+TUMBLR VISUAL CONTEST」」の写真・リンク付きの記事はこちら




ユーザー賞




Tumblrで見る>>


Happy Holidays



投稿者:mukaitakeshi



この写真は最も多くのリアクション(リブログや「スキ!」)を獲得した作品です。サンタコスプレを施す前の元の絵画は、ご存じオランダの画家ヨハネス・フェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」。「北のモナリザ」とも称される名作ですが、この美少女が誰であったのかは永遠の謎に包まれています。



「『真珠の耳飾りの少女』とも『青いターバンの少女』とも呼ばれる、西洋絵画史きっての美少女は、赤色のサンタコスプレもよく似合いますね。そういえば、最近『モナリザ』をギャル風の髪型にした画像ってのが出回りましたがこれも可愛かった。他愛のないいたずらにも思わぬ発見があったりするものです。」(若林編集長)







準グランプリ




Tumblrで見る>>



投稿者:muuum



一見したところ、いったいこの写真には何が写っているのか? と興味をそそられます。ただしどれだけ注意深く眺めてみても、雪の降るなか、外でこちらを見ている半ズボンをはいた男性らしき姿以外はよくわかりません。冬休みに撮ったという事実から、見る者の想像力をかき立てる不気味で不思議な作品です。



「冬休みは、案外時間をもてあますものでうっかり妙なことを考えたり、ふだんやらないことをやってみたくなったりするものです。寒いなか、なんとなくジャージー姿で外に出てみた、という写真のようですが、赤外線写真風のちょっと不気味な加工に、冬休みのあてどなさが出ているようです。」(若林編集長)






今回優秀作品に選ばれた投稿者の方々には、WIREDオリジナルTシャツ(非売品)をプレゼントします。受賞された方には、のちほど編集部よりEメールもしくは、Tumblrのファンメールにてご連絡いたします。



さて、開催中の「WIRED+TUMBLR VISUAL CONTEST」第9回のテーマは、新たに設定された「WEIRD」シリーズの第1弾、「WEIRD ARCHITECTURE ‘異’な建築」です(詳細はこちらの記事へ)。



締め切りは2月9日(土)。みなさんの投稿をお待ちしています!






【関連記事】
オープンソースの手のひらヘリ、予約受付中
12億ユーロをかけて開発される人工脳
もし細菌が抗生物質との戦いに勝利したら
手のひらサイズの偵察ヘリ、アフガニスタンで実戦投入
「これまでで最大の素数」を発見