自分でもチェックしてみよう! 中古住宅の簡単診断

写真拡大

中古住宅を購入する時は、専門家に診断をお願いするのがベストですが、そうはいってもひとつひとつ検討中の物件を診断してもらったら、高い依頼料が発生してしまいます。

自分で簡単に中古住宅をチェックできたら、住宅を選ぶときにも絞り込みしやすくなりますよね。

そんな訳で自分でもチェックできそうな、中古住宅の簡単な診断方法をご紹介していきます。

■まずはセットバックがあるかどうかを確認しようセットバックというのは道路に接している敷地のことです。

家の前にある道路の中心から、2メートル以上離れていないと家を建ててはいけないという決まりがあり、道路の幅が足りない時は、家の前にこのセットバックと呼ばれる敷地を用意しなければならないという決まりがあるのです。

セットバック違反の物件を住宅購入してしまうと融資が受けにくくなるため、避けなければなりません。

■道路と購入希望住宅の間に、他の家がある場合比較的広告などで目にしやすいのが、中古住宅の敷地延長タイプです。

家が道路に接していない場合は、敷地と道路をつなぐ部分を設けなくてはならないという決まりがあり、そのために作られた部分を敷地延長と呼びます。

物件診断をする前に、敷地延長物件は避けたいところですが、立地条件がよく検討したいという場合には、敷地延長部分の通路の幅は調べておきたいところです。

この通路幅は最低2メートルあればよいことになっていますが、いざという時に重機や車が入れないことで建て直しなどの時に割高な料金になることがあります。

最悪、工事ができないというケースも考えられます。

また敷地延長部分が細くて長い場合、火災が起きたときに消防車が入れないリスクも考えておきたい内容です。

■外観は外壁、基礎部分、屋根、塀、外溝など情報の宝庫外壁や基礎部分にひび割れやひずみがないか、できればメモにとるなどしてチェックしてみましょう。

特に外壁に太いひび割れがある場合は、地盤沈下や建物腐食などの可能性があるため避けるのが無難です。

基礎には換気口がついているか、同様に大きなひび割れがないか、傾きはないかをチェックしましょう。

その他にも屋根に傾きや曲がり、瓦がずれていたりしないか、隣の敷地に接している塀は誰が所有しているのか、外溝に沈下やくぼみはないかなど、チェックしましょう。

■家の内部は、専門家にチェックしてもらうのが無難!?中古住宅の内覧となると、不動産会社の営業マンも一緒ということになります。

素人のチェックにちゃちゃを入れられることもありますし、物件購入をせかされてなかなかゆっくり見ることができない場合もあります。

外観や書類でまずは物件を絞り込み、内覧を行う時にプロと一緒に確認するのが、まずはベターな方法といえるでしょう。

まだプロに診断するまで絞り込めていないという場合には、水平器を持参して家が傾斜していないかどうか、壁や天井、押し入れを開けてみて水漏れ跡がないかどうか、サッシ周りや壁にカビや腐食がないかどうか簡単チェックしてみましょう。

床下と屋根裏を見せてもらえるようであれば、柱がシロアリ被害にやられ土台から浮いていないか、屋根裏に雨漏りの跡がないかは最低限チェックしておきたいところです。