カーボン素材だから、床ブラシが軽い!

写真拡大

東芝ホームアプライアンスは、カーボン素材の採用で床ブラシが軽く動かしやすい紙パック式クリーナー(VC‐PC9)を、2013年2月16日に発売する。

強力モーターも搭載で動かしやすく

本体質量が3.2キログラムの小型軽量ボディに搭載した強力モーターによって、吸込仕事率は最大約640ワット。床ブラシは軽く丈夫なカーボン素材の採用で軽くなったうえ、強力モーターで駆動する「自走式カーボンヘッド」を採用した。薄型のため、ベッドやソファーの下など高さ約6.5センチ以上の隙間に、ラクに入る。

さらに、強モードに比べて消費電力量を最大約42%削減して運転できる「ecoモード」、手への負担が少ない「らくわざグリップ」を採用した。

色は、ピンクとシルバーの2色。

また、同日にはVC‐PC8とVC‐PC7Aを、3月1日にはVC‐PC6Aを発売。VC‐PC8とVC‐PC7Aは、ともに本体質量が3.2キログラム、吸込仕事率は最大約620ワット。「らくわざグリップ」と「ecoモード」を搭載している。

VC‐PC8の床ブラシは、モーター駆動の「コンパクトカーボンヘッド」、VC‐PC7Aは、エアー駆動の「フローリングカーボンヘッド」を採用した。

VC‐PC6Aは、本体質量が3.1キログラムの小型軽量化ボディで、吸込仕事率は最大約520ワット。「ecoモード」はない。床ブラシは、エアー駆動で軽量の「フローリングターボヘッド」。

色はVC‐PC8がグレー、VC‐PC7AとVC‐PC6Aはブルー。

いずれも、オープン価格。