「ギフト・ショー春2013」開幕 スミノエがディズニー新作発表

写真拡大

「第75回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2013」、および「第13回グルメ&ダイニングスタイルショー春2013」(主催:ビジネスガイド社)が、2月6日(水)〜8日(金)の3日間、東京ビッグサイト全館にて開催中である。
ギフト関連企業2424社、グルメ関連193社の合計2617社という過去最大規模での開催となった今回は、ディズニーに特化した特別エリア「DISNEY EXPO JAPAN 2013」や中小機構による海外販路開拓支援エリア「Nippon GIFT Park」、地場産業のものづくりにクローズアップした特別エリアなど、各種企画も華やかに行われている。

インテリアファブリック関連では、スミノエが出展しディズニーシリーズの新作「Disney HOME SERIES EDITION.3」を発表している。新作では「オズワルド」や「ギャロッピンガウチョ」といった名作のワンシーンを切り取ったデザインを施した「ディズニー プレミアム コレクション」を提案、また今回よりロールスクリーン、さらにマグカップやタオルといった小物類もラインナップ、従来のカーテン、ラグと合わせてトータルコーディネート性がアップした。
この他、カーテン関連では「45°N.L.」((株)TCC)が初出展し、リネンやコットンを素材にしたナチュラルカーテンを展示している。中国での生産のため価格がリーズナブルなのが特徴で、家具ショップ、インテリアショップへの販路拡大を目指す。また手織りじゅうたん関連企業も多数出展、(株)ペルシャンワールドでは、ヨーロッパでブームになっているコラージュラグを大々的に提案、COBLIN(株)は癒しを感じさせるカラーが特徴のウールラグシリーズ「ハグみじゅうたん」を出品している。「ハグみじゅうたん」は企画が日本で製造はインド。
なお会期は2月8日(金)まで。来場者数は約20万人を見込んでいる。