<FedexCupポイントランキング>
 米国男子ツアー第5戦「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」終了時点でのFedexCupポイントランキングが発表された。前週に圧勝でシーズン初勝利を挙げたフィル・ミケルソン(米国)は同ランキング3位に浮上している。
 一方で首位に浮上したのはブラント・スネデカー(米国)。2週連続の2位と優勝には届かなかったものの、安定感抜群のゴルフで首位を奪取。昨年のFedexCup年間王者の実力をいかんなく発揮している。
 今季から本格参戦中の石川遼はここまで3戦連続予選落ち。FedexCupポイントは獲得できていないため、ランクインできていない。

【FedexCupポイントランキング】
1位:ブラント・スネデカー(782pt)
2位:ブライアン・ゲイ(582pt)
3位:フィル・ミケルソン(546pt)
4位:ダスティン・ジョンソン(516pt)
5位:ラッセル・ヘンリー(515pt)
6位:チャールズ・ハウエルIII(507pt)
7位:タイガー・ウッズ(500pt)
8位:ティム・クラーク(320pt)
9位:スコット・ピアシー(300pt)
10位:スティーブ・ストリッカー(300pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【薬師寺コラム】石川遼3連続予選落ちの原因は…
【コラム】完全優勝に見た「1打の重み」
【関連リンク】
注目ギア続々!最新のギア情報はここから