傷害致死が一転、病死鑑定で保釈

ざっくり言うと

  • 父親に暴行を加え死亡させたとして一昨年10月に起訴された大阪府職員の男性
  • 再鑑定の結果、死因は「心不全による病死」との所見が示されたという
  • 起訴後の鑑定で事件性が否定される異例の事態となり、男性の保釈が決定

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング