新婚旅行を嫌がる彼を説得する方法

写真拡大

楽しみにしている新婚旅行だけど、旦那さんは乗り気じゃない…。

こういったケースは意外にも多く、これがキッカケで最悪の場合は結婚が破談、即離婚なんてことも。

一生に一度の新婚旅行ですから、大好きなパートナーと共に楽しく過ごしたいものです。

今回はそんな、新婚旅行に前向きではない旦那さんを説得させる、3つの方法をご紹介します。

■ポイント1.安いツアーを探すお金がかかるからという理由で、旅行に前向きでないケースは多いもの。

そのため、行きたい場所とツアーにかかる料金をあらかじめ調べ、正確な金額を掲示してあげると良い説得材料になります。

金額は旅行会社数社を見比べ、安いところを探しましょう。

それでも高いと言われるのなら、安くても行ける地域を選び再度説得です。

日数を減らせばかなりの費用減額が期待できます。

■ポイント2.具体的なプランを話して、興味を持たせる「新婚旅行は○○に行きたい」だけでは説得材料としては不十分です。

なぜそこに行きたいのか、なぜそこじゃなきゃだめなのかなど、何を聞かれてもはっきりと答えられるくらいの理由がなければ、あっさりと話を流されてしまいます。

「きれいな海で大好きな人と泳ぐのが夢だったから、一生に一度だけでいいからあなたと○○に行きたい!」など、今の彼にしかかなえられない自分の希望や理想を持ち出せば、彼の気持ちも傾きやすくなるはず。

ただしウソはいけませんから、自分が本当に望む目的地やプランをしっかりと選びましょう。

彼が好みそうなプラン内容を薦めてあげるのもひとつの手です。

■ポイント3.「まとまった休暇を取ることができるのは新婚旅行しかない」と言い切る仕事をしていれば、なかなかまとまった休みは取りづらいもの。

しかし新婚旅行という名目なら会社側も一度きりと言うことで納得してくれるはず。

挙式後すぐの旅行ということなら仕事仲間や上司も祝福してくれますから、休みがとりやすい雰囲気になります。

たとえ長期間が難しい場合でも、2泊3日程度で楽しめる新婚旅行プランはたくさんあります。

そこからあらためて彼と具体的にプランを話し合うのも良いでしょう。

新婚旅行に行きそびれると、その後行く機会を失ってしまい、結局行けずじまいになりかねません。

場合によっては挙式や披露宴よりも優先して、積極的に彼を説得してみましょう。