(PIXTA=撮影)

写真拡大

■会社は男女関係には寛大なはずが……

男女関係をめぐるトラブルは、会社に迷惑をかけるようなことがない限り、問題にされることは少ない。だが、些細なことで将来を棒に振る男もいる。発端は食品会社の25歳の女性社員から人事部宛てに送られてきた一通のメール。内容は「上司の営業課長(51歳)が嫌なメールを何度も送りつけてくる。なんとかしてほしい」というもの。

文面には課長が発信した「今日の服はかわいいね、よく似合うよ」「仕事をしている○○ちゃんの横顔が非常にすてきだよ」といったメールが添付されていた。人事部長はこう語る。

「女性社員を呼んで話を聞くと、2人は男女の仲ではなく、飲み会の席でふざけてチークダンスを踊って以来、課長が舞い上がり、一方的にご執心らしい。しかも課長には妻子がいる。本人に注意することも考えましたが、逆恨みされて女性が不利益を被る恐れがある。次の異動で地方支店に飛ばしました」

社内不倫も問題を起こさなければお咎めなしだが、手を出してはいけない女性と関係を結ぶと手痛い目に遭う。外資系保険会社の人事部長は法人営業部長から部下の社内不倫についての相談を受けた。40代半ばの妻子ある課長が半年前に入社した契約社員の女性と不倫関係に。それが女性の夫に知られ、夫から課長に慰謝料を要求する電話が頻繁にかかるようになった。人事部長は言う。

「上司の部長が課長を問い質したところ、女性から飲みに誘われ、その後、ホテルで情事に及んだという。2回ほどつきあった後に、女性の夫から『浮気の証拠を持っている。慰謝料として300万円を寄越せ』と要求してきた。女性に真偽を確かめると『課長に誘われて仕方なくつきあった』と、食い違う発言をする。慰謝料の請求の件も夫には逆らえないと言うのです」

調べてみると、同僚が女性が課長に執拗に迫る姿を目撃していた。しかも女性の夫は無職でヒモのような存在だという。一部には美人局ではないかという噂もあった。

課長と女性の夫との問題はあくまで民事案件。会社が下手に介入することはできない。人事部は課長に自分で問題を処理するように命じるとともに、遠方の九州地区の営業所に異動させた。発端となった女性は契約期間の満了を機に会社から追放した。

デキる女性にも落とし穴がある。流通業のCS推進部長(47歳)は女性初の役員候補と目されていた。店長時代の業績は抜群。部下の相談事にも親身に対応し、男性部下からも信頼が厚かった。

ところが、人事部に届いた一通のメールが彼女の運命を暗転させる。人事部長が語る。

「女性部長が専務と肉体関係にあるという内容でした。犯人は女性部長の部下の38歳の男性。問い詰めると、部長とは営業店時代から10年も同棲していたらしい。そして寝物語で彼女が『役員になれるなら誰とでも寝るわ』と漏らしたことで嫉妬にかられ、専務と彼女が親しい関係にあることを突き止めたという」

仮に男性部下の一連の証言が事実だとしても人事として彼女を処断する理由はない。だが、この一件を人事部長が社長室で話したとたん逆鱗に触れることになった。

「じつは役員は社長派と専務派に分かれ、ことあるごとに揉めていました。社長も仕事のできる彼女を高く評価していたのですが、対立する専務派の一員と見られてしまった」

女性部長は次の人事異動で中部地区の店長に逆戻りすることになった。

(溝上憲文=文 PIXTA=撮影)