悠木碧、福山潤ら演じる主役4名が登場! 「アニメミライ2013」本予告公開

写真拡大

アニメーション制作会社4社が参加する、若手アニメーター育成プロジェクト「アニメミライ2013」のために制作された25分の短編アニメーションの本予告映像が、公式サイト上で初公開された。

これまでの予告編は、静止画や作品の設定画などで構成されていたが、今回の本予告は主役となる4名、『龍-RYO-』(GONZO制作)RYO役の悠木碧、『アルヴ・レズル』(ZEXCS制作)御影札望役の福山潤、『リトル ウィッチ アカデミア』(トリガー制作)アッコ役の潘めぐみ、『デス・ビリヤード』(マッドハウス制作)バーテンダー役の前野智昭の声とともに、動画で公開。

約1分半の初公開映像となっている。

この本予告は、2月9日(土)より全国の劇場でも公開される。

(他のキャスト情報についてはこちらから)なお、「アニメミライ2013」の前売り券は全国17劇場にて現在発売中。

前売り券は2,000部限定で豪華ブックレット特典付き。

ブックレットの中身は、各作品の紹介や原画やキャラクターなどの設定画が紹介されており、すでに東京・新宿バルト9では2月1日〜3日の3日間で、300枚を超える枚数を売り上げているという。

さらに、この4作品のうち『アルヴ・レズル』単行本も2月2日より発売開始。

完成後、作品の権利が制作会社のものになるという本プロジェクトならではの、多角的な展開となっている。