茨城県・アクアワールド大洗水族館で、くっついたら離れない魚を展示中!?

写真拡大

茨城県大洗町のアクアワールド茨城県大洗水族館は、バレンタインデーにちなんで、くっついたら離れない「フウセンウオ」を、水族館エントランス(川柳水槽)で展示している。

フウセンウオは、小さな風船のように膨らんだ丸い体形の魚。

オホーツク海南部などの冷たい海に生息し、成長しても6センチほどにしかならない。

腹部には「腹鰭」(はらびれ)が変化した吸盤があり、水槽のガラス面にくっついてしまうと、簡単には取れないという。

同館では、「いつでもくっついていたいカップルにおすすめの水槽」として、ハートの風船などで飾りつけて展示している。

なお、同館におけるフウセンウオの展示は初めてとのこと。

詳細は、同館公式ホームページで見ることができる。