テーブルウエアの古今東西の意味とは?

他の国に比べて日本は、焼物の産地が多い様な気がします。



国焼デザインが多く生まれたのは、侘びの精神を器に取り入れた茶の湯、千利休の時代です。利休亡き後には、弟子の1人・古田織部により織部焼などダイナミックで開放的な国焼シーンに移り変わりながらメイドインジャパンのやきものが多く誕生したようです。

そして、日本に箸が入ってきたのは、弥生時代の末期であると言われています。その箸の表面を覆う漆になると紀元前とも伝え聞きます。

その頃のヨーロッパと言えば、まだ、手づかみでの食事が一般的でした。豪華な色絵磁器や染付磁器は16世紀後半から17世紀に、東洋から東インド会社の貿易によってもたらされ、バロック文化と同調して爆発的な人気を博します。特に強い権力と富を得たヨーロッパ各国の王侯・貴族や富裕な商人は争って美しい東洋の陶磁器を収集し、邸宅を飾って、それをステイタスシンボルにしていました。

日本の一般家庭で所有しているアイテムで一番数が多いのが食器です。日本人は世界中の食事を家庭でも食べます。それと合わせてテーブルウェアも揃えます。



日本人がテーブルウェアに凝る文化は、ヨーロッパのそれとは異なるような気がします。ヨーロッパのテーブルウェア文化が富と権力の象徴に比べて、日本のテーブルウェア文化は神様へのお供えから始る精神世界を楽しむものです。自分たちが心から楽しむ文化がここにあります。



昨今世界中で日本食ブームですが、日本人の食文化の豊かさ、レベルの高さはここから来るものでしょう。

現在、東京ドームでテーブルウェア・フェスティバル2013〜暮らしを彩る器展〜が開催されています。

毎日の暮らしに、変化やゆとりを与えたいと思っている方は、きっと、ここで上質な暮らしのヒントがもらえるはずです。一度足を運ばれてはいかがでしょう。





 

[開催概要]

名 称:テーブルウェア・フェスティバル2013 〜暮らしを彩る器展〜

開 催:2013年2月4日(月)〜2月11日(月・祝) 計8日間

公式HP:http://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/

会 場:東京ドーム( 東京都文京区後楽1−3−61 )

主 催:テーブルウェア・フェスティバル実行委員会(読売新聞社、株式会社東京ドーム)

後 援:経済産業省、東京都、滋賀県、甲賀市、NHK、公益社団法人日本陶磁協会、読売光と愛の事業団、NHK厚生文化事業団、NPO法人食空間コーディネート協会、文化放送

入場料:前売券 1,700円/当日券 2,000円(全て税込。小学生以下は無料。但し大人要付添)