【女性編】ひそかに自分の年齢を感じる瞬間ランキング


あれ? 私、結構年かも…





仕事で忙しく過ぎる毎日。気づいたら、周りに若い子ばかりいるように感じるという人も少なくないと思います。気持ちはいつまでも若いつもりだけど、ふとしたときに年齢を意識しますよね。そこで、マイナビニュース会員の女性549名に、ひそかに自分の年齢を感じる瞬間について聞いてみました。皆さんは、どんなときに年齢を感じるのでしょうか。





Q.ひそかに自分の年齢を感じる瞬間を教えてください(複数回答)

1位 カラオケで最新曲を歌えない 29.0%

2位 お肌の疲れが気になる 28.2%

3位 徹夜できない 26.4%

4位 遊んでいる学生をうらやましく感じる 24.8%

5位 アイドルの顔と名前が覚えられない 23.5%







■カラオケで最新曲を歌えない

・「カラオケに行ったら、自分のよく歌う曲が『懐メロ』に入っていたから」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

・「学生のころに覚えた曲を歌って、同年代で盛り上がってしまいます」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「昔はなぜ大人は歌を知らないのかと思ったものなのに、今ではわからない自分がいるから」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)





■お肌の疲れが気になる

・「若いときは、目の下のクマなんて気にならなかった」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「1日疲れて、帰宅時電車に乗っていると、電車のガラスに映る自分の顔を見てがくぜんとした」(28歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「寝るとき、顔にしわがよらないよう、気をつけている」(25歳/ソフトウェア/技術職)





■徹夜できない

・「午後11時くらいになると、帰って寝たい! と思ってしまう」(30歳/電機/技術職)

・「中学のころは、テスト前に徹夜ができましたが、今はどうしてもうたた寝してしまいます」(26歳/学校・教育関連/専門職)

・「カラオケでオール、というのが昔は平気だったのに、最近は疲れてしまって無理に。年を感じます」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)





■遊んでいる学生をうらやましく感じる

・「若い人のエネルギーに当てられてなぜか疲れます」(30歳/医療・福祉)

・「今思えば、社会人から見ると学生は毎日遊びのようなものだったから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

・「仕事で移動中に、遊んでいる大学生を見てうらやましく感じてしまいます」(27歳/自動車関連/事務系専門職)





■アイドルの顔と名前が覚えられない

・「AKB48などのアイドルに全然興味がない。昔はアイドル好きだったのに」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「似たような顔の難しい名前の子が多い」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「NEWSとKAT-TUNの違いがわからない。みんなあごがとがっている。固いものを食べてこなかったのかなと思う」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)





■番外編:ボディラインの変化も気になる

・やせにくくなった「昔は運動ですぐやせられたが、運動でも体重が落ちにくくなった」(30歳/通信/販売職・サービス系)

・露出度の高い服を着られない「足やおなかは出せなくなった」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・お世辞が言えるようになった「特に目上の人に、お世辞を言って雰囲気をよくして場を持たせることが多くなりました」(29歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)





総評

1位に選ばれたのは、「カラオケで最新曲を歌えない」です。学生のころにはやっていた歌を歌い続けている人が多いようでした。歌を覚える時間があったから、というのもありそうですよね。





2位は僅差で、「お肌の疲れが気になる」でした。まだまだ若いつもりの自己イメージと、実際の差にびっくりしてしまうこともありますよね。美は一日にして成らず。日々のお手入れを頑張りたいものです。





3位には、「徹夜できない」がランクイン。眠らないと体力がもたなくなったと感じている人も多い結果となりました。若いころのあの体力は、何だったんだろうかと思うときもあります……。





年齢が上にいけばいくほど、若くない自分に出会うことが増えそうです。寄る年波に逆らえないものも多々ありますが、そうはいっても、一生のうちで今が一番若い! お互いに刺激し合って、美しく年齢を重ねていきましょう。

(文・OFFICE-SANGA 臼村さおり)





調査時期:2012年12月1日〜2012年12月7日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性549名

調査方法:インターネットログイン式アンケート