上下でも裏表でも前後でも、どちらにも使えるインナー「ドッチニモ」発売

写真拡大

ワコールの子会社、ウンナナクールのインナーウエアブランド「LuncH(ランチ)」は、表裏、上下など“どちらでも使える”インナーウエア「docchi・nimo(ドッチニモ)」シリーズを1月下旬から発売した。

同シリーズは、表裏どちらでも着用可能なインナーウエア。

マラカスの形をイメージしたノンワイヤーブラジャーとショーツ、前後を気にせず着用できるシャツをはじめ、上からでも下からでも好きな長さでカットして使用できる「シャツンパ」(シャツとパンツを1枚にしたもの。

3月中旬発売予定)など、自由にアレンジして着用できる。

前後着用可能なシリーズは、「8分袖シャツ(2,520円)」「8分袖シャツ(メンズ。

2,730円)」「長袖シャツ(3,360円)」の3種。

表裏で着用可能なシリーズは、「ブラジャー(2,835円)」「ショーツ(1,575円)」の2種。

上下で着用可能なシリーズは、「腹巻き(1,365円)」で、二重折りにしてベアトップとして、また腹巻きつきのペチコートにも使用できる。

腹巻き付きショーツを2つつなげたデザインの「パンツンパ(プリントとボーダー。

各2,730円)、「パンツンパ(無地。

2,415円)」、シャツ・パンツ・腹巻きなどにカット可能な「シャツンパ(2,835円)」も発売。

同シリーズは1月より3月上旬にかけて、順次販売している。