「柿の種」と「ピーナッツ」の理想の比率は? 亀田製菓が”国民投票”を実施

写真拡大

亀田製菓は2月1日から3月31日まで、「亀田の柿の種」シリーズ全商品を対象とした「亀田の柿の種比率 国民投票キャンペーン」を実施している。

同キャンペーンは、「亀田の柿の種」の「柿の種」と「ピーナッツ」の比率について、国民からの意見を聞いてみよう、というもの。

同商品の大ファンを自称するタレント・女優のYOUさんをキャラクターとして起用。

YOUさんは、「女子的には、ピーナッツを減らして、柿の種を増やしてほしい」と同社お客さま相談室に電話したり、生産工場を訪れた際に工場長に直談判をしたりしていたという。

同社としてはすでに、「柿の種」の味の追求を行ってきた結果、もっともバランスよくおいしく楽しめる「柿の種」と「ピーナッツ」の比率(重量比)は、「約6:4」という結論にたどり着いていた。

だが、同社ではこの機会に、YOUさんが主張する「約8:2」がいいのか、現在の比率の「約6:4」がいいのか、それともまったく別の比率がいいのか、好みの比率を聞く国民投票を実施する、としている。

今回、国民投票を呼びかけるYOUさんの主張は以下の通り。

「私、亀田のお客様相談室に電話しました。

ピーナッツが多いから、減らしてくださいって。

そしたら『調査して決めた量なので』と言われちゃって。

その後、お仕事で新潟の亀田製菓工場にお邪魔する機会があったので、ピーナッツとの比率を変えてください、と工場長に直談判しました。

あっさりお断りされました……。

絶妙な味わいを生む比率で、柿の種とピーナッツが約6対4(重量比)だそうです。

でも、周りの女子に聞いてみても、ピーナッツ減らして、その分、柿の種を増やしてほしいって言ってる。

私もそう思う。

そこで、提案。

国民投票で、みんなの好みの比率を聞きたいです。

清き一票を待っています」詳細は同社のページで確認できる。