これがPS4!?と話題になっていた写真。実際にはTai Chiemさんが制作したCG画像

写真拡大

次世代ゲーム機「PlayStation(プレイステーション)4」が近く発表されるとの観測が強まり、ゲームファンたちが胸を躍らせている。

ソニー・コンピュータエンタテインメントは2013年2月1日、特設サイトをオープンし、プレイステーション(以下PS)に関する何らかの発表を米国時間20日に行うと発表した。

「これがPS4です!」写真もツイッターで

ソニーは発表内容の詳細を明かしていないものの、現行機PS3がすでに発売から5年余り経つことからも、「PS4」発表を予測する人が大部分を占める。米ウォール・ストリート・ジャーナルなども、1日の記事でこれが次世代PSの発表会になるとの見方を示した。機能面では、タッチパネルの採用やソーシャルメディアへの対応説などが報じられている。

そんな中、日本のTwitter(ツイッター)では「PS4」と称する写真が拡散し、そのかっこよさが話題を集めている。その姿は、透明なタッチパネルと、円形の本体部分を組み合わせた斬新なものだ。ただし、これは2009年にオーストラリアのデザイナーが発表した「予想図」で、現物ではない。現時点では、PS4の姿は不明なままだ。