約8割の人が「食品に軽減税率を導入すべき」と回答-イロリオ調べ

写真拡大

セカンドニュースが運営するニュースサイト「IRORIO(イロリオ)」は、全国のネットユーザー304名(20歳から60歳)を対象に、消費税増税に伴う「軽減税率」に関するアンケート調査を実施した。

「消費税の増税に伴い『軽減税率』を導入すべきだと思いますか」という質問では、74.7%(「強く思う(39.5%)」と「まあ思う(35.2%)」の合計)が「思う」と回答した。

「食品に『軽減税率』を導入すべきだと思いますか」との質問に対しては、「思う」と回答した人が75.4%(「強く思う(50.7%)」と「まあ思う(24.7%)」の合計)に達している。

一方、「あまり思わない」は9.5%、「全く思わない」は4.9%となっている。

「新聞に『軽減税率』を導入すべきだと思いますか」と質問したところ、「強く思う」が8.6%、「まあ思う」が19.7%と、肯定派は28.3%にとどまった。

また、「あまり思わない」は36.5%、「全く思わない」は26%となっている。