東京都新宿にアメリカ人気パンケーキ「Slappy Cakes」日本第1号店オープン

写真拡大

ミールワークスは「ルミネエスト新宿店(東京都新宿区)」に、アメリカ・オレゴン州ポートランドで人気のパンケーキ&カフェレストラン「Slappy Cakes(スラッピーケークス)」を1月31日にオープンした。

同店は日本第1号店となる。

「スラッピーケークス」は、2009年にAdam Fuderer(アダム・フュデラー)がオレゴン州・ポートランドに創業。

全米の多くのメディアで注目され、人気のテレビ番組などで全国的に紹介されている。

“フードネットワークTV”の人気プログラム“America‘s Best Food”では、“アメリカで行きたいお店トップ10”に選ばれたという。

同店のテーブルには、ホットプレートがビルトインされている。

パンケーキの生地やトッピングを選び、自分で焼き上げるという仕組み。

パンケーキの大きさ、トッピングの量、組み合わせなど、自由に作ることができる。

そのユニークなコンセプトで、パンケーキレストランとは違うわくわくする楽しい体験ができる。

パンケーキ生地は、フワフワ感を出すためにソーダ水を生地に入れ、生地を配合してから少し寝かせて熟成させるというこだわり。

バターミルク、ホールグレイン(全粒粉)、ピーナツバター(季節により変わる)の3種類を用意している。

具材は、スイート系10種類程度(チョコチップやフルーツなど)、おかず系6種類程度(ベーコンやチーズなど)を用意。

ソースは、ハウスメイドのフルーツソースやチョコレートシロップ、ピュアメープルシロップなど10種類程度用意している。

また、パンケーキだけでなくアメリカで伝統的に食べられている「ベネディクト(1,100円)」、ブレックファストプレートなども用意している。

パンケーキ生地は700円、具材は100円〜、ソース(トッピング)は100円〜。

同店の営業時間は11時〜23時。

定休日は不定休(施設休業日に準ずる)。