Getty Images=写真

写真拡大

部下は上司を選べない。運悪く、無能にしか見えない人の下につけばストレスはたまる一方だろう。とはいえ、彼らを上手に操縦する方法、ちゃんとあるんです。

■会社を辞める前に、やれることはたくさんある

誰でも上司について愚痴を言うことがある。だが、日ごろのありふれた不満とストレスのたまるフラストレーションが違うのと同じで、欠点のあるマネジャーと無能なマネジャーにも明確な違いがある。後者に対処するのは場合によっては厳しく大変だ。だが、正しい考え方といくつかの具体的な方法をもってすれば、何とかやっていけるだけでなく、大きな成功をおさめることもできる。

「ほとんどの人が無能な上司、少なくとも役に立たない上司についた経験を持っている」と、テレオス・リーダーシップ研究所の創立者で 『Becoming a Resonant Leader: Develop Your Emotional Intelligence,Renew Your Relationships,Sustain Your Effectiveness』の共著者、アニー・マッキーは言う。マネジャーの能力不足という問題は残念ながらよくあることだ。それは多くの会社が間違った理由で社員を昇進させるからだと、マッキーは言う。成果を出したとか、適切な専門的能力を持っているといった理由で昇進した人は、マネジャーに必要不可欠な対人能力を持っていないことが多い。

ペンシルベニア大学ウォートン経営大学院の経営学教授で、『Leading Up: How to Lead Your Boss So You Both Win』(邦訳『できる人ほど上司を使う』)の著者、マイケル・ユシームは、上司が専門的能力を欠いていようがマネジャーとしての能力を欠いていようが、結果は同じだと言う。悪い上司は部下の意欲を奪い、生産性を低下させ、ときには職場から逃げ出したいと思わせるのだ、と。会社を辞めるのも1つの選択肢ではあるが、その前に、次の方策を考えてみよう。

■なぜその管理職はそこまで無能なのか?

自分の上司は役立たずだと断定する前に、自分が偏った見方をしていないかどうかをチェックし、自分の目にしているものをもっとよく理解しよう。

「判断を下す前にまず自分自身を見つめる必要がある」と、マッキーは言う。上司に関しては、多くの人が見落としている点がある。自分は彼の地位を妬んでいるのではないかとか、そもそも自分には権威に抵抗する生来の性向があるのではないかと自問してみよう。上司の無能さに関する自分の評価は、不当にもこうした感情や性向に影響されているのかもしれない。

また、自分が必要な情報をすべて持っているかどうかも検討しよう。「証拠を集めるまでは判断を下さないよう注意すべき」と、ユシームは言う。上司は、部下が気づかなかったり十分には理解できなかったりするストレス要因を抱えているかもしれない。「上司にかかっているプレッシャーを部下が完全に見落とすのはよくあることだ。その理由のひとつは、よいマネジャーは自分が盾となり部下をプレッシャーから守るからだ」と、マッキーは言う。上司のことをもっとよく知り気持ちを理解すれば、彼の能力に対する評価は変わるかもしれない。本当に無能だという結論に達した場合でも、人間に欠点はつきものなのだから、彼を悪の権化のようにみなしてはならない。

■部署外の人に助言を求めよう

組織の外にいる人々に不満を聞いてもらい、アドバイスを求めよう。これは見境なく愚痴を言うということではない。信頼できる同僚、配偶者、メンター、コーチなど、相談できる相手を見つけよう。自分が目にしていることと、それが自分と自分の仕事にどのような影響を及ぼしているかを説明して、アドバイスを求めよう。「これは上司をおとしめるためではなく、自分の視点をチェックするためだ」と、ユシームは言う。状況を外から眺められる立場にいる人は、新しい視点を与えてくれたり、効果的な対処法を提案してくれたりするものだ。

上司の能力がどうあれ、自分の仕事を遂行し、キャリアを前進させるためには、上司と協力する必要がある。上司を動かすためには、自分のニーズを軸にした表現で要望を伝えたり、やりとりをしたりするのが最も効果的だ。「自分の無能さを認識していない人間にそれを指摘しても、たいてい役に立たない」と、マッキーは言う。代わりに、「私はいい仕事をして自分の目標を達成したい。そのためにはあなたの助けが必要だ」というような言い方をしよう。自分の仕事についてアドバイスしてほしい、社内の誰かに自分を紹介してほしい、クライアントと直接連絡をとることを許可してほしいというように、自分の要望を具体的に伝えよう。

上司が手助けできない場合は、代案を出そう。たとえば上司の同輩や上役の一人に助言や他の人々への紹介を頼めないだろうかという具合に、上司が問題を解決する手助けをするのだ。

役に立たない上司を見限るのではなく、その穴を埋めるために自分に何ができるかに集中しよう。「会社や組織が何を必要としており、顧客は何を求めているかを理解し、彼らがそれを得る手助けをすることは、リーダーシップの必須要件だ。上司が組織の使命を果たしていないことに気づいたら、ステップアップするためにもがんばってほしい」と、ユシームは言う。上司のミスをとりつくろう必要はないが、組織にとって最善のことをしよう。

「リーダーシップは部下に対してだけでなく、上司に対して行使されることもたびたびある」とユシームは言う。腹立たしい気持ちを持たず、チームの利益のために必要だからやるという割り切った考え方をしよう。

■さらに上の人に直訴するのは非常に危険である!

上司の上司か社内の別のリーダーにそれを訴えるという考えが魅力的に思えることがある。だが、行動する前に、結果をよく考えよう。

「階層構造は健在だ。そして上司はあなたより大きな権限を持っている。上司の無能さを暴露しようとするなら、社内の政治力学を理解する必要がある」と、マッキーは忠告する。組織のトップにいる連中は、誰かが自分たちの同輩をおとしめようとしていることを知ったら、脅威を感じて手助けしたくないと思うかもしれない。

「訴え出るのはきわめて現実的な意味で危険である。訴え出たのがあなただと知れたら、誰が最初に会社を去ることになるかは明白だ」と、ユシームは言う。だから、公式に不満を訴えようと決意した場合は、慎重に行動するべきだと彼はアドバイスする。人事部や上司の上司に訴え出る前に、自分の信頼する人物に話をして意見を聞いてみよう。

マッキーとユシームがともに強調するのは、訴え出ることが義務である場合もあるということだ。「上司が不正行為を行っている場合など極端な状況では、あなたは行動する義務がある」と、ユシームは言う。このような場合は人事部に行って、自分が目にしたことを報告する必要がある。証拠を用意しておこう。

無能な上司の下で働くのは健康によくない場合がある。「心理的悪影響があることを示す調査結果がたくさんある」と、マッキーは言う。ひどい上司の下にいるとき、われわれは「彼が私の生活を台無しにしている」と、自分を被害者にする傾向がある。だが、これは自分に決定権があることを無視した見方である。その職場に留まるか否かは自分で決められるのだから。

仕事の中で自分をみじめにする要素よりも、自分を幸せにしてくれる部分に注目しよう。「毎日上司を気にして過ごすこともできれば、会うのが楽しみな人たちや楽しんでできる仕事に関心を向けることもできる。どの感情に身を浸すかは自分で選べるのだ」と、マッキーは言う。

もちろん、それができない場合は、別の部署や別の会社に移ることを考えればよい。

(エイミー・ギャロ=文 ディプロマット=翻訳 Getty Images=写真)