付き合いたい外国人、人気の出身国1位は? - 2位イギリス

写真拡大

ロゼッタストーン・ジャパンはこのほど、「バレンタインと国際恋愛に関する意識調査」の結果を発表した。

調査は1月26日〜27日、全国のビジネスパーソンかつ未婚の20代〜30代男女500名(男性250名、女性250)を対象にインターネットで行われた。

「もし外国人の異性と付き合うなら、どの国出身の人がよいですか?」(単一回答:1位のみ)との質問では、全体1位は「アメリカ」(139人/27.8.%)、続いて「イギリス」(75人/15%)、「イタリア」「フランス」(55人/11%)という結果となった。

男女別にみると、男性は1位「アメリカ」(69人/27.6%)、2位「フランス」(29人/11.6%)、3位「イギリス」(26人/10.4%)、女性は1位「アメリカ」(70人/28%)、2位「イギリス」(49人/19.6%)、3位「イタリア」(30人/12%)と多少差がみられた。

特に男性では5位に「ロシア」(22人/8.8%)がランクインし、ロシア女性の人気が裏付けられた。

また、その国を選んだ理由として、半数以上が「その国や文化が好きだから」(292人/58.4%)と回答した。

「異性が話すと魅力的に聞こえる外国語は?」という質問については、全体の8割以上が「英語」(410人/82%)と回答し、大部分の人にとって、英語の発音が最も魅力的であることが分かった。

また、2位は「フランス語」(221人/44.2%)、3位は「イタリア語」(157人/31.4%)と続いた。

女性のみを対象に、「バレンタインデーに男性から言われてみたい、最もロマンティックな言葉は何ですか」と聞いたところ、「いつまでも一緒にいてください」(71人/28%)がトップ。

続いて「あなたといると世界中で一番幸せです」(66人/26%)、「愛してる」(52人/21%)という結果となった。

「結婚してください」(10人/4%)という直接的なプロポーズの言葉よりも、「いつまでも一緒に…」といった表現の方がロマンティックに感じるということが分かったという。