変わったペットを飼ったことありますか?




ペットはもはや家族の一員といいますが、この家族は、やはりイヌ、ネコが大半です。イヌ、ネコ以外の珍しいペットを飼ったことのある人はどのくらいいるのでしょうか。調べてみました。



調査期間:2012/11/28〜2012/12/04

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■イヌやネコなどの一般的なペットとはちょっと違う、変わったペットを飼ったことはありますか?



はい 80人 8.0%

いいえ 920人 92.0%



やっぱりペットといえば、イヌ、ネコなのです。それ以外というとぐっと少なくなります。約8%の人しか珍しいペットを飼ったことがありません。



「はい」と答えた人に、「具体的に何を飼っていたか」、また「そのペットにまつわる思い出」を聞きましたのでご紹介します。



●イソギンチャク

海に行ったときに、石に付いているのを拾ってきた。かつお節を餌にしていたら生き延びてしばらく飼っていた。(大阪府/女性/28歳)



「イソギンチャク」って飼えるんですね! かつお節を食べたりするんですね。



●ツチイナゴ

バッタに手で餌をあげたことです。名前を呼ぶと羽をばたつかせたので、虫ってすごいなと思いました。(広島県/女性/29歳)



「イナゴ」は直翅目・バッタ亜目・イナゴ科に属するバッタ類の総称だそうで。「バッタ」なの? 「イナゴ」なの? っていう感じですが(笑)。名前を呼ばれたバッタが答えるっていうのがスゴイです。



●すずめ

家の庭に落ちていたので保護しました。最後は自然に帰しましたが、呼んだら飛んでくるなど意外となつきました。(東京都/女性/31歳)



なつくとかわいいんでしょうね。「すずめ」と回答した人はほかに1人いました。



●ウーパールーパー

いつも寝ていた。(大阪府/女性/29歳)



ウーパールーパーは昔はやりましたからね。そのときに飼った人が多いようです。



●アカハライモリ

脱走のプロなので、慣れるまでは水槽の改造をしました。(東京都/女性/32歳)



イモリは両生類です。飼うとなついたりするのでしょうか。



●アカハライモリ、ヒキガエル、ニホンアマガエル、カマキリ、ニホンヤモリ、アゲハ、キアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハ(アゲハ系統はほぼ卵から成虫まで)。

ヒキガエルを飼っていたとき、毎日生き餌を捕りにいっていたので、自宅近くの草むらから餌にする虫がいなくなってしまい、餌用コオロギを飼って与えた。(埼玉県/女性/24歳)



この人もイモリにカエル、カマキリ、ヤモリにチョウと、幅広く飼っています。驚きですね。



●アロワナ

エサが生きた金魚。(東京都/女性/26歳)



アロワナは古代魚で、その姿は優美で魅力的です。成長すると、体長が1mほどになるので大きな水槽が必要です。



●フェレット

いつもカーペットの下などでかくれんぼをするので、踏んでしまいそうになった。(神奈川県/女性/30歳)



「フェレット」と回答した人はほかにも1人。その人からは「臭かった」という思い出が(笑)!



●ウズラ

すぐに籠から逃げるので、捕獲するのに大変だった。(奈良県/女性/32歳)



夜店の屋台で「うずらすくい」というのがあるそうです。そこで捕れたヒナを飼うことになる人がいるようです。



●犬猫のほかにハムスターとウサギとザリガニとメダカを飼っています。



犬も猫もハムスターもウサギも一緒にいてなかなか仲が良いです。「犬の背中に猫とウサギとハムスターが一緒に乗っている写真」を人に見せたとき、信じられないと言っていました。仲が悪いと思っていたようです。(千葉県/男性/53歳)



珍しいペットとは少し違いますが……「飼い過ぎだろ!」ということでご紹介します。犬の背中に……の写真はぜひ見たいですね。まるで「ブレーメンの音楽隊」みたいです。



あなたは何か変わったペットを飼ったことがありますか?







(高橋モータース@dcp)