いろんなものに当たる確率




「犬も歩けば棒に当たる」といいます。でも、どうせ当たるんだったら「イイこと」に当たりたいですよね。そこで、いろんなものに当たる確率を調べてみました。



■血液型がRH-の人に会う確率 200分の1



血液型がRh-の人は血液の輸血を求めるのがとても大変だそうです。Rh-因子を持つ確率は200人に1人だそうです。これがAB型Rh-になるとなんと2,000人に1人になってしまうそうです。



緊急時に「血液の提供をお願いします!」と言っても、これは巡り合うのが大変ですね。



■交通事故に遭う確率は1年間に 1,000分の9



これは国土交通省が社会資本整備審議会の会議で提出した数字です。「1年間で交通事故に遭う確率は0.9%」だそうです。



また、一生を80年とした場合の「人生で交通事故に遭う確率は53%」としています。つまり2人に1人は人生のどこかで交通事故に遭うわけですね。



■飛行機事故に遭う確率 20万分の1



1/200,000ですからよっぽど運が悪くないと遭わないようです。ただ、その1回に当たっちゃうとまず助からないので、絶対に遭いたくはないですが。



「ライト兄弟が人類初の動力機による飛行に成功してから、飛行機事故で死んだ人間の総数よりも、(米国で)自動車事故で1年間に死ぬ人の方が多い」とは国際航空運送協会からのコメントです。



■雷に打たれる確率 1,000万分の1



1/10,000,000なので、雷に打たれるというのは相当に運の悪いことのようです。ただし、雷に打たれた場合に死ぬ確率は「4/5」だそうで、よっぽど運が良くないと助からないですね。



■年末ジャンボ宝くじの当たる確率 1,000万分の1



年末ジャンボ宝くじの1等に当たる確率はなんと雷に打たれる確率と同じ「1/10,000,000」です。もし当たったら、雷に打たれたのと同じぐらいまれな出来事です。ギャンブルとして考えると、実は配当はあまり良くないんです。



■ドバイの宝くじで100万ドル当たる確率 5,000分の1



ドバイには5,000枚しか発行しない、100万ドルが当たる宝くじがあります。つまり当たる確率は1/5,000です。



くじは1枚$278ですから、1$=約81円で22,518円。宝くじ1枚の価格としては高価ですが1/5,000の確率でこれが100万ドル(1$=約81円で8,100万円)になるわけです。期待値は年末ジャンボ宝くじよりもはるかに高いですよ!



■隕石(いんせき)に当たる確率 100億分の1



1/10,000,000,000。さすがにこれに当たる人はいないでしょう。ちなみにNASAでは、隕石(いんせき)が地球に衝突しないか、その監視を行っています。2036年に地球に衝突するかも!? といわれていた『アポフィス』という小惑星があります。



2004年には、NASAは直径が310-340mあるアポフィスが(2029年に)300分の1の確率で地球に衝突するとしていました。しかし、現在では再計算の結果「100万分の1」に下がっています。この数字では実質的に衝突しないそうです。



■男の子が生まれる確率 51%



自然出生率で比較すると男の子が51%、女の子が49%となっています。これは男性の方が寿命が短いなどの、早死にする要因があって、それを補うため、出生率が若干高めになっているといわれます。



■裁判員に選ばれちゃう確率 5,000分の1



最近は裁判員制度もすっかり一般に認知されています。でも、当たったらイヤだな、面倒だなと思っている人もまだまだ多いようです。この裁判員に選ばれる確率は「1年間に1/5,000」といわれています。



もちろん地方によって異なるようで、例えば神奈川県では裁判員になる確率は「6,000-7,000人に1人」、裁判員候補者になる確率は「1,000人に1人」としています(横浜地方検察庁のサイトによります)。







(高橋モータース@dcp)







ドバイの宝くじのサイト

http://www.dubaidutyfree.com/promotions/Millennium_Millionaire/buy