メンズヌード写真集でレスリー・キー逮捕 芸術との境目難しく

写真拡大

 写真家のLESLIE KEE(レスリー・キー)が、六本木のギャラリーでわいせつな写真集を販売したとして警視庁に逮捕されたことがわかった。時事通信社によると、LESLIE KEEは2月2日に男性モデルの性器などが写ったヌード写真集を販売しており、わいせつ図画頒布の罪に該当するという。著名な芸術家の作品に対して表現の自由の定義を問う問題だけに、様々な意見が飛び交っている。

写真家レスリー・キー逮捕の画像を拡大

 警視庁保安課などは4日、六本木のギャラリーで開催されていた写真展でわいせつな写真集計7冊を客2人に1冊6,000円で販売した疑いで、LESLIE KEE(本名:キー・カー・リヨン・レスリー)ら3人を逮捕。要因となったのは、LESLIE KEEが1年間をかけて撮り下ろしたという写真集「SUPER GOH」や「SUPER MIKI」と見られている。刑法175条で規定されるわいせつ図画頒布については、わいせつな物を頒布・公然陳列することなどが罪に相当するというが、LESLIE KEEはわいせつ性については供述しておらず、SNS上でも様々な反応が起きている。争点になっているのはわいせつと芸術の境目で、クリエイター達からは「難しいけど、こうやって芸術が失われていくんだろうな」などのコメントが目立っている。

 1971年にシンガポールで生まれたLESLIE KEEは、東京をベースに世界のファッション誌や広告、著名人のCDジャケットを手がけるなど幅広く活動。近年は東日本大震災チャリティー写真集「Tiffany supports "LOVE&HOPE" by LESLIE KEE」がAPAアワード2012で経済産業大臣賞を受賞した他、昨年3月にはユニクロ「UT」と「kitson(キットソン)」によるコラボ写真展「SUPER MAMA(スーパーママ)」、先月までは松任谷由実デビュー40周年を記念した写真展「YUMING FOREVER by LESLIE KEE」を表参道ヒルズで開催し、記録的な動員数を集めていた。

■LESLIE KEE
 http://www.lesliekeesuper.com/