楽天がスタイライフ株のTOB(公開買い付け)を実施することを発表した。グループとして成長力と競争力を一層強化する必要があることから、同社を完全子会社化する方針。

楽天がスタイライフ株のTOB実施の画像を拡大

 楽天はスタイライフが発行している全株を対象としてTOBを行うと発表。現在普通株式4,018株(保有割合18.70%)を所有しているバーンデストと、普通株式3,223株(保有割合にして 15.00%)を所有しているパルコは、公開買付応募契約書を締結しており、両社ともにTOBに賛同することで合意しているという。買付期間は平成25年2月5日から3月21日まで(31営業日) 。公開買付価格は74,000円。完全子会社となれば、JASDAQ市場に上場しているスタイライフは上場廃止となる見込み。

 楽天は、2012年5月にスタイライフの親会社バーンデストジャパンリミテッドから株式6,982株(出資比率 32.5%)を取得し、業務・資本提携を締結。楽天のファッションブランド向けECサイト楽天ブランドアベニュー」へのスタイライフの出店や、ポイントシステムの連携、物流インフラ及びシステムの効率化を図ってきた。