JR東海、955形式新幹線試験電車(300X)車内を『リニア・鉄道館』で特別公開

東海旅客鉄道は、 2013年2月1日(金)から2月25日(月)までの期間限定で、愛知県名古屋市にある『リニア・鉄道館』で、955形式新幹線試験電車(300X)車内の特別公開を開始した。

【関連:鉄道ファン必見!茨城県ひたちなか海浜鉄道『鉄道員体験プログラム』が発売!】

 

955形式新幹線試験電車(300X)は、最新・最良の高速鉄道システムを追求するため開発され、当時の世界最速を記録した高速鉄道のシンボル車両の1つ。
車内には500km/hまで表示可能な速度計のある運転台をはじめ、測定や試験用の機器類が搭載されている。
今回の特別公開では鉄道の高速化に大きな役割を果たした車両が“見て・触れて・乗って”体感することができる。

また、在来線シミュレータ『運転』実写映像バージョンが平日限定で体験できるイベントも開催。これまで在来線(313系・211系)の運転シミュレータは精緻なCG映像で体験できたが、これにより全8台中4台で実写映像バージョンが体験できるようになる。
シュミレータ体験は、抽選で当選者の中から先着順。参加費は有料で100円。抽選時間帯など詳しい情報は公式ホームページを通じて発表される。

その他には、“鉄道の24時間”をテーマにした『鉄道ジオラマガイド』も平日限定で開催される。参加方法は先着順。1回80名程度で実施される。

『リニア・鉄道館』『リニア・鉄道館』