【女性編】企業の戦略を感じつつも、楽しんでしまうイベントランキング


期間限定グッズは見逃せない





次から次へと登場する季節の行事。いろいろと限定グッズをそろえるのも楽しいですよね。そこで、マイナビニュース会員の女性549名に、企業の戦略を感じつつも楽しんでしまうイベントについて聞いてみました。あなたのお気に入りのイベントは何でしょうか?





Q.企業の戦略を感じつつも、楽しんでしまうイベントを教えてください(複数回答)

1位 バレンタインデー(2月14日) 54.8%

2位 クリスマスおよびイブ(12月24日/25日) 46.3%

3位 お正月 18.4%

4位 ハロウィーン(10月31日) 15.8%

5位 ゴールデンウィーク(4月末〜5月初旬) 11.8%







■バレンタインデー(2月14日)

・「おいしそうなチョコレートがたくさん出るので、選ぶのも楽しくなってしまうから」(28歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

・「会社で女子全員から男性社員へチョコをあげているが、選ぶのが楽しい」(30歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「彼氏にプレゼントする用以外にも、自分チョコや友チョコを買ってしまう」(29歳/生保・損保/事務系専門職)





■クリスマスおよびイブ(12月24日/25日)

・「クリスマスにむけて、服や食品を購入してしまうので」(27歳/自動車関連/事務系専門職)

・「クリスマス時期しか使えないのに、やたらとパーティーグッズを買ってしまう」(23歳/運輸・倉庫/営業職)

・「雰囲気が大好きで、毎年彼氏とお出掛けするのが楽しいから」(23歳/金融・証券/営業職)





■お正月

・「年始は少し財布のひもが緩んでしまう」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「初売りの福袋は必要以上に買ってしまう」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「飲み会が多いから」(26歳/学校・教育関連/専門職)





■ハロウィーン(10月31日)

・「人のためのイベントは大切にしているけれど、ハロウィーンは自分のために楽しむ」(27歳/自動車関連/営業職)

・「特に欲しいわけではないのに、ついお菓子を買ってしまう」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「最近になって浸透してきたので、思惑を感じる。でも、ほかの行事とは毛色が違って面白いので」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)





■ゴールデンウィーク(4月末〜5月初旬)

・「会社の休みで、一番旅行にいけるシーズンで、何よりも楽しめるのでありがたい」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「GWはイイ気候だし、ついつい遠出したくなる」(30歳/食品・飲料/技術職)

・「映画ざんまいです」(27歳/その他/事務系専門職)





■番外編:親孝行をするきっかけ

・土用の丑(うし)の日(7月末or8月初め)「企業に踊らされているのはわかっていても、うなぎを買ってしまうから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・父の日(6月の第3日曜日)「父とはめったに口をきかないので、この日にプレゼントを渡すと、めちゃくちゃうれしそうな顔をするのを見るのが楽しみ」(28歳/団体・公益法人・官公庁)

・いい夫婦の日(11月22日)「ちょっとリッチな食事を楽しみにいきます。さらには両親にも少しプレゼントを。昔はこんなイベントなかったのになぁ」(22歳/情報・IT/技術職)





総評

栄えある1位に選ばれたのは、「バレンタインデー(2月14日)」です。彼や好きな人にあげるのはもちろん、自分用や友チョコまで、いろいろなチョコレートを楽しみながら買っている人が多いようでした。





2位は「クリスマスおよびイブ(12月24日/25日)」です。街を彩るクリスマスイルミネーションやクリスマスソングも楽しみのひとつ。クリスマスが近づいてくると、なんだかウキウキしちゃいますよね。





そして4位には、「ハロウィーン(10月31日)」がランクイン。最近、日本に定着し始めたイベントだからこそ、純粋に楽しめるというコメントもありました。また、ディズニーの影響も大きいようです。





全体としては、お祝いするのはとにかく楽しいという気持ちがあふれたランキングとなりました。お仕事をしっかりがんばるためにも、楽しく遊びたいですよね。

(文・OFFICE-SANGA 臼村さおり)





調査時期:2012年12月1日〜2012年12月7日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性549名

調査方法:インターネットログイン式アンケート