ららぽーとTOKYO-BAY×ポップティーン「LaLa Popteen Land」3/5オープン

写真拡大

三井不動産およびららぽーとマネジメントは、「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」(千葉県船橋市)の北館に、女性ファッション誌「Popteen」とコラボレーションした専門店ゾーン「LaLa Popteen Land」を3月5日にオープンする。

「Popteen」(角川春樹事務所刊)は、10代女性に圧倒的な支持を得ているファッション誌で、これまでも益若つばさや小森純など、ティーンズファッションのカリスマモデルを数多く輩出してきた。

専門店ゾーン「LaLa Popteen Land」は同誌とのコラボ施設で、アパレル・雑貨・飲食店と幅広くショップを展開する。

店舗は、ファッション感度の高いティーンズをターゲットにした16店。

同誌の人気モデルが企画するスイーツやフード、タピオカドリンクなどをビュッフェ形式(一部テイクアウトメニューあり)で楽しめる「Popteen Cafe」や、同誌のモデルの松岡里枝がブランドディレクターを務める「Ank Rouge」などが出店する。

また、メイクルームも併設。

食事や買い物だけではなく、訪れた人が思わず滞在したくなるような空間を創出していくという。

「LaLa Popteen Land」はオープンにあたり、3月9日・10日に「Popteen」モデルによるオープニングイベントも開催予定。