秩父鉄道、臨時お花見列車「EL長瀞宝登山ロウバイ号」を運転

写真拡大

埼玉県北部での鉄道事業などを行う秩父鉄道は、見ごろを迎えた「長瀞宝登山(ながとろほどさん)ロウバイ園」で冬のお花見を楽しむ観光客に向け、臨時お花見列車の運転やフリー切符販売、ハイキングイベントなど、さまざまな企画を実施している。

宝登山山頂一帯にある「長瀞宝登山ロウバイ園」には、3種類の臘梅(ロウバイ)が、約10,000平方メートルの敷地に約2,500本植栽され、晴れた日には山頂より武甲山、両神山、秩父の町並みなどが一望できるという。

「秩父路遊々フリーきっぷ 〜秩父鉄道全線1日乗り降り自由〜」は、同鉄道全駅で発行されるフリー切符。

価格は大人1,400円、小児700円(発売当日のみ有効)で、3月3日まで販売される。

また、「ぶらり!秩父・長瀞おでかけきっぷ ~長瀞(ながとろ)~三峰口間1日乗り降り自由~」を、同鉄道「寄居駅」で発行。

価格は大人1,000円、小児500円(発売当日のみ有効)で、2月28日まで販売される。

なお、3月3日まで「長瀞町観光案内所」でフリーきっぷを提示すると、ロウバイの苗をプレゼント。

なくなり次第終了とのこと。

臨時列車「EL長瀞宝登山ロウバイ号」の運行日は、2月9日、10日、16日、17日、23日、24日。

運転区間は、くだりが、「羽生駅」(8時58分発)から「長瀞駅」(11時1分着)で、のぼりが、「長瀞駅」(14時48分発)から「熊谷駅」(16時3分着)となる。

同列車は普通乗車券のみで乗車可能。

乗車した人には、駅窓口にて「乗車記念証」をプレゼントする。

また、「ロウバイ号」イラスト入りの記念入場券を、「長瀞駅」限定で3月3日まで販売。

価格は160円(サイズペーパークラフト付)となる。

臘梅を楽しむハイキングとして、3月3日に同鉄道とJR東日本高崎支社合同で、「長瀞宝登山臘梅観賞ハイキング」を、9日に同鉄道と東武鉄道・西武鉄道3社合同で「長瀞宝登山臘梅ハイキング」を開催。

ともに、参加費は無料で雨天決行とのこと。

ハイキングに関しての詳細は、同鉄道公式サイトで見ることができる。